新着・今後の活動・心ゆたかに

bar

◆ 瓦の裏面に志納者が墨書を

2019-07-11

10月から本堂瓦屋根葺き替えと耐震工事が着工する瑞生寺様では、

志納瓦の墨書きが開催されました。

瓦葺き替えが着工するまでに6回墨書きの機会を設け、

志納していただいた方々には、本堂に乗せる新規瓦の裏面に祈願文や名前を書いていただき、

第1回目の昨日には、50名以上の方々が墨書していただきました。

天気が良かったため簡易棚を作って墨を乾燥させました。

この日を楽しみにされていた方々や、

家族で相談し祈願文をメモしてこられた方々など

皆さんの思いを瓦に記載し本堂の屋根に乗せることは単なる行為ではなく、

皆さんの思いをご先祖や本尊様に届けるという意味があることを実感いたしました。

平松

 

 

 

◆ 懸魚六葉を復元制作

2019-04-23

 

静岡浅間神社の楼門保存修理工事では、

彫刻士である澤元彫刻の清延さんに来ていただいて

懸魚六葉を忠実に復元彫刻してただいています。

南面と北面でこれだけ状態が違ってしまうのには

太陽の当たり具合、風の向き、それによる雨の当たり方などなど、

条件によって劣化風化が違ってきます。

芯材まで傷みが進行し、修繕だけでの再使用は可能との判断にて制作。

 

葉の立体感や動きのやさしさまできれいに再現していただきました。

これから漆を施し、最終的には朱色となります。

下地である木部の彫刻の良さが仕上がりに影響しますので

これだけきっちり作られていれば安心です。

まだまだ長期で工事が続きますが丁寧に進めていきます。

平松

 

 

 

 

◆ 心ゆたかに105号

2017-02-10

心ゆたかに第105号

画像をクリック!⇒拡大画像でお読みいただけます。
(プリントアウトしてもお読みいただけます。)

◆ 心ゆたかに101号

2017-02-03

❈画像をクリック!⇒拡大画像でお読みいただけます。
(プリントアウトしてもお読みいただけます。)

 

◆ 木の気になる話⑥

2014-05-12

 

063d00f4[1]

~ 楽器の材料 ~

木は木目方向において 木材の比ヤング係数(※硬さの値。弾性率を数字化したもの)は高く、

内部摩擦は低く、

音の 早い立ち上がりと安定した振動を得ることができる。

また木材は、適度な粘性を持っており

かつ表面反発係数は金属よりも低いため、

瞬間的な外力による加振、及び、継続的な外力による励振によって振動させた場合にも

発生した音は高周波成分の少ない『 柔らかな 』音になる。

木取り(板取り)の仕方や 材の選定によって

固有振動数及び音の減衰率が様々に変えることができ

多様な音色の楽器を作ることができる。

このように、他の材料に類を見ないこれらの特徴を持つため、

現在も幅広く楽器用材として利用されています。

難しい言葉が多く出てきましたが、

要は、木には根拠があって 楽器にも向いていますよ。ってことです(^o^)

平松

◆ 本堂建て方開始

2014-04-15

IMGP2044

14日(月)より正光寺様本堂の建て方が始まりました!!

みんな朝が早い!!

やる気の表れ??

佐野棟梁が絵板図を使って、

工事の進行状況や注意点、

挨拶や掛け声の指導を行い、

(ご住職も朝礼に参加!?)

いざ建て方開始!!

IMGP2059

足固め(枕大引)を番付け通りに配り、

内陣から組んでいきます。

虹梁などがあるうえ、

一列目に起こす部分はホント注意が必要なんです。

IMGP2072

そして、大間と内陣の境を起こしながら

縦の通りを組んでいきます。

IMGP2081

 

 

皆で掛け声を合わせながら起こしていく

緊張の時間です。

IMGP2092

 

一日目は、内陣周りが組まさりました!(^^)!

さあ、今日からも引き続き集中していきますよ!!

平松

◆ 心ゆたかに95号

2013-04-17

※画像をクリック!⇒拡大画像でお読み頂けます。

(プリントアウトしてもお読み頂けます)

◆ 心ゆたかに94号

2013-04-17

※画像をクリック!⇒拡大画像でお読み頂けます。

(プリントアウトしてもお読み頂けます)

◆ 早くも藤が咲きました♪

2013-04-10

昨日回った森町のお寺さんの駐車場で、
藤がもう咲いていました。
桜は散ってしまいましたが、
藤はしばらく楽しめそうです。
文:村松

◆ 子猫の里親募集中

2013-03-26

静岡県浜松市中区中島三丁目24-26の
竜島院様(神谷晴道住職)で、
生後2ヶ月の雌の子猫を保護しています。
庫裡の建て替えのため引越しをしなければならず、
子猫をもらって育ててくれる里親を募集しています。
4月に引っ越すため、子猫が欲しい方はお早めにお願いします。
連絡は竜島院様ままで。
電話:053-461-3644

文:井口
子猫の写真