新着・今後の活動・心ゆたかに

bar

◆ 三和土仕上げ

2017-06-07

 

浜松市の龍雲寺様では、玄関ポーチの仕上げを行いました。

いろいろな仕上げの中で、建物とのバランスやイメージに重きを置き、

検討に検討を重ね、土の味わいが感じられる『 三和土(たたき) 』になりました。

三和土といっても現代風三和土で、しっかり固まってくれるため、

メンテナンスや掃除なども気がねなくいられるものです。

水が溜まらないよう、キッチリ勾配を確認して。

連係プレーで手際よく施工してくれました(^^)/

肝になる最後の水洗いも粗過ぎず、良い感じ♪

やっぱり、土は温かみがありますネ!(^^)!

あとは、ジックリ乾燥を待ちます!

平松

 

 

 

 

◆ 基礎コンクリート打設

2017-06-06

先週 閑田寺様では、青空の下、基礎のコンクリート打設が行われました。

工程通り順調に進んでおり、中旬に控えた建て方に向け、

職人の皆さん暑い中頑張ってくれています!

監督・澤元

 

 

 

 

◆ 足場の講習

2017-06-05

平成27年7月から施工され、猶予期間が今月末までに迫った足場の講習に行ってきました。

足場の組立、解体または変更等の作業に係わるすべての人が対象になるので、

建設業に就くほとんどの人がかかわるのではないかと思います。

天峰としても、職人、業者すべてで徹底する為、まとまって受講しました。

過去データから墜落や転落の危険性をあらためて学び、

事故の無いよう、もう一度勉強する良い機会となりました。

これからも、安全第一で仕事を進めていきたいと思います。

平松

 

 

 

 

◆ 清延工房の地鎮祭が行われました

2017-06-02

6月1日(木)は、彫刻の清延さんの工房兼住宅新築の地鎮祭が行われました。

今までは、仮工房であるプレハブの中で彫刻を行っていたので、

夏は暑く、冬寒い環境の中でしたが、

新工房が完成すれば、静かで快適な集中できる条件で彫刻ができますネ!(^^)!

欄間彫刻、仏像彫刻に更磨きがかかりそうです♪

建物は、年内完成を目指して工事を行っていきます。

こだわりの部分などもありますので、時折ブログアップします。

平松

 

 

 

 

◆ 全海寺本堂屋根工事

2017-06-01

磐田市の全海寺様本堂新築工事では、

背面と両側面(東西面)のかわら下地工事(野地)が完了し、

ただいま、正面の向拝近辺の化粧軒を施工しています。

縋破風(すがるはふ※1)や、この上に乗る縋裏甲(すがるうらこう)は

現寸図通りに製作されたものを微調整しながら、

キッチリ施工していきます。

 

下から見上げた化粧軒廻りは綺麗に納められ、

順調な進行状況に、ご住職も大変喜んでくれています。

本格的な梅雨入り前には、瓦下地を終わらせられるよう頑張っています。

※1縋破風(すがるはふ)とは…

向拝の側面に取り付く箕甲下の破風で、

木負垂木から向拝軒先まで続く、一枚材で製作される化粧破風です。

監督・澤元

 

 

 

 

◆ 本堂耐震改修工事の様子

2017-05-29

 

聖眼寺様本堂の耐震改修工事では、

土間基礎の配筋工事が行われています。

本堂を一旦持ち上げ、不陸調整(高さの修正)も完璧ですし、

限界耐力計算法にて構造体の補強はすべて計算されており、

既存の地盤をガッチリさせることで、さらに強さを発揮できます。

防湿シートを敷き、土間からの湿気も止まるので床下の乾燥にも良くなります。

後日のコンクリート打設に向け、職人さん頑張ってくれています。

平松

 

 

 

◆ 納骨堂内装工事中

2017-05-26

浜松市の龍雲寺様では、納骨堂の内装工事を進めています。

納骨堂として正規に保健所へ申請するために、

耐火構造であるRC躯体での建設です。

天峰の大工は、RCの建物を触ることがほとんどないため、

時間が掛かってしまう分、丁寧さと正確さで腕を発揮していますよ!!

納骨壇は、木工屋さんで製作されたものを組み立てとなりますが、

付き添って指示してくれまして助かりました(^^)/

電気屋さんが、配線工事に忙しそうです!

完成までは多くを公表できませんが、

斬新な素晴らしい納骨堂が出来上がりますよ♪

完成をお楽しみに!!

平松

 

 

 

 

◆ 玄関土間の敷瓦張り

2017-05-25

浜松市の龍雲寺様では大庫裡再建工事が完成に向けて業者さんも多く出入りしてくれています。

玄関内の敷瓦張りを行っており、雰囲気の良い素晴らしい玄関になってきました(^^)/

木製の格子建具が付くことで、さらに雰囲気を良くしてくれるはずで楽しみです♪

平松

 

 

 

◆ 須弥壇製作

2017-05-22

浅羽作業場では、竹林寺様本堂の須弥壇を製作しています。

天峰秘蔵の20年以上自然乾燥させた極上ケヤキの中から厳選した材料で、

ひとつひとつ手作業で造っています。

高欄の装飾部は大きな部材から造り出していきます。

斗(ます)や束などの小さなパーツも『 木 』をみながら選定して造り出します。

『 箱留め 』といった特殊な仕口を使い、

クサビを打ち込むとギュッギュッと締まっていく留め方をします。

豪華で大きな須弥壇なので部材も大きく多いため、

時間が掛かりますが丁寧にキッチリ製作していくようにします!!

平松

 

 

 

 

◆ 瓦下地工事が順調です

2017-05-20

やっと冬が終わり、ちょっと前は 外仕事が気持ちいい時期~♪

と思っていたら、すでに暑い時期突入~!!

聖眼寺様本堂の瓦葺き替え工事では野地工事が進んでいます。

割れたり、傷んでいた軒天井板を張り替えながら、

デコボコになっていた通りを修正しながら、

強度不足の部分には補強材を追加しながら、

丁寧に作業しています(^^)/

それにしても、大きな屋根です!!

この写真で、4分の1面!

青空の下、みんな日焼けで真っ黒になってきました。

平松

 

 

 

 

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (6)