新着・今後の活動・心ゆたかに

bar

◆ 太子堂屋根の大工工事が順調です。

2019-11-27

 

 

豊橋市の聖眼寺様太子堂新築工事では軒まわりの造作工事が終わり、

瓦を葺くための野地作業を進めています。

桔木(はねぎ)をガッチリ組み込みながら丈夫な軒を造っています。

方形屋根のため、屋根裏に広さがなく桔木の取り合いが難しいのですが

武田棟梁は技能五輪を経験し難解の材木木組みをやってきているだけあり、

「うまく組まさりました!現寸通りです!!」と余裕の表情でした。さすがです!!

屋根は野地が完了次第、瓦屋さんにバトンタッチで

堂内部造作工事に移ります。

平松

 

 

 

◆ 瑞生寺様本堂耐震改修工事の様子

2019-11-26

浜松市の瑞生寺様では本堂の耐震改修工事を行っており、

本堂内部に関しては、床をめくり耐震のための仕口ダンパー取り付けと荒床張り替え工事を進めています。

 

取り付け場所は、限界耐力計算法を使って導き出された設計通りの位置に確実に設置しています。

床下での作業ですが、高さがあり作業自体は問題ありません。

ただ、旧い材木のため強度確認と直角をキッチリ確認しながらの作業です。

平松

 

 

 

◆ 静岡浅間神社北回廊の修理工事の様子

2019-11-25

静岡浅間神社北回廊の重要文化財工事では、

工事看板が取り付きました。

畳1帖分ある看板ですが、現場が大きいために取り付けると小さく見えます。

養生をキッチリ行いながら古い漆塗膜の描き落とし作業が始まっています。

並行して、詳細調査を行い報告書と照らし合わせながら今後の仕様や方針を決定しているところです。

国の文化財ですから、国、県、市、そして所有者である神社様を交えての報告や審議が続きます。

令和5年までの長期に渡る保存修理工事ですので、

この時点での詳細決定や方針が重要となるため慎重に進めいていますよ。

元請としてしっかりやっていきたいと思います。

平松

 

 

 

 

◆ 静岡のパワースポット巡りの紹介

2019-11-22

 

『 しずおか東海道ご縁めぐりスタンプラリー 』の紹介です。

静岡市の東西を結ぶご縁・ご利益のパワースポットを巡りながら

ハンカチにスタンプを押していきます。

東海道は昔から人や物の流通場所でありご縁場所でもありました。

雪の降らない静岡市では季節を問わず巡ることができますね。

友人や家族との思い出作りにもいかがですか?

このスタンプラリーイベントは2020年3月末までです。

平松

 

 

 

◆ R寺様庫裡新築の足場が取れました

2019-11-21

静岡市のR寺様では足場が取れ、全景が見られるようになりました。

これからは外構や外部の配管など、

足場があっては出来なかった工事を進めていきます。

テラス部分の土間コンクリートの打設や、

自転車置き場の建物を起こします。

並行して内部仕上げも進んでおり、業者間で協力し合って段取り良く進めています。

平松

 

 

 

 

 

◆ 安楽寺様本堂と青空

2019-11-20

約10年前に新築させていただいた磐田市の安楽寺様へ加藤棟梁と行ってきました。

澄んだ空気の青空と屋根瓦のいぶし銀が美しく思わず写真を撮りました。

ご住職が、「西側の樹木を切ったら通りから目立つようになり見学に寄る方が増えたよ。」

と言って本堂の立派さを誉めていただき加藤棟梁とうれしくなりました。

木部もよい感じに古びて黒くなってきまして、お寺の落ち着いたたたずまいがとても良い雰囲気です。

これからも檀家さんや信者さんに愛されるお寺であるよう祈念いたしております。

平松

 

 

 

 

◆ 技能五輪全国大会で敢闘賞受賞

2019-11-19

11月15日㈮~18日㈪の日程で

第57回 技能五輪全国大会が愛知県で開催されました。

静岡県代表として葛城けいたが出場し、見事『 敢闘賞 』受賞いたしました!!

会場は中部国際空港セントレアの向かいに今年完成した「 愛知県国際展示場Aichi Sky Expo 」で競技が行われ、

国内の青年技能者が競い合うことにより努力目標を与えるとともに、

技能に身近に触れる機会を提供するなど、技能の重要性や必要性をアピールすることにより、

技能尊重気運の醸成を図ることを目的とされています。

今大会は42もの競技職種で争われ、

ウェブデザインなどの時代の先端のものから左官や石工など昔から続く技能まで

幅広い職種があります。

 

 

 

 

 

年齢は23歳までの若者が対象ですが、皆さんとても凛々しく頑張っていました!!

 

 

葛城は全国からの猛者との戦いを楽しみにしていましたし、

この全国大会で自分の力を試すことに対してワクワクしていたので

敢闘賞の結果にはうれしさと悔しさの両方だそうです。

複雑な形状の木造小屋組みの一部を製作し、

現寸図→部材の木削り→墨付け→加工仕上げ→組立てと

2日間、12時間にわたり、素早く正確に美しく仕上げることに集中します!

このような経験を積むことで、日々の仕事への気持ちも変わりますし、

これからの仕事へ繋いでいってくれることと思います。

「 ケイタおめでとう!!」

平松

 

 

 

 

◆ 玄関外階段に手すり設置

2019-11-18

↑↑ 書院玄関前階段

↓↓ 手すり取り付け

浜松市の某お寺さんで、石階段に手すりを取り付けました。

設置前と設置後の写真を比べてください。

↓ 設置後

寺社仏閣では、どこも段差があるのが普通ですが、

時代とともに、このような対策が一般化されてきていますね。

ご相談いつでもお受けいたします。

平松

 

 

 

◆ 2019年度 静岡市文化財特別公開中

2019-11-15

 

 

毎年開催されている静岡市文化財特別公開、

今年は残すところ1カ月を切りました。

興味のある方は早めに訪問してみてください。

今年も気になる文化財が公開されています。

静岡の歴史を振り返ることができる貴重な特別公開ですので

紅葉やおいしいもの巡りと合わせてぶらり旅もお勧めです♪

平松

 

 

 

◆ 御堂の墨付け刻み

2019-11-14

湖西市の岩松寺様で新築する御堂の墨付け刻みを進めています。

桂内棟梁が間竿(けんざお=長さや寸法などを基準とする長い棒)を使って段取り良く墨付けしています。

天峰保管財を使いながら、丈夫な御堂を造ります。

監督澤元