新着・今後の活動・心ゆたかに

bar

◆ 節あり材を使って製作

2017-11-30

物置の2階へ上がる階段を作っています。

これまでは、ハシゴで登っていたそうですが、

「 不便で危険だ。」

ということで階段依頼を受けました。

「 材料は何でもいいから安く丈夫に!」

というご希望で、在庫の節あり桧で格安に製作(^^)/

寺社仏閣では節なしを使う傾向なので、

節あり在庫が溜まってしょうがないのです。

節があると丈夫ですし、無垢の木らしくて私は好きなのですけどね。

平松

 

 

 

 

◆ 山号額のケヤキをカンナがけ

2017-11-29

某寺院の山号額を製作しています。

幅70cm × 長さ1.8m × 厚み6㎝の

自然乾燥材の幅広ケヤキの仕上げは手カンナです!!

西尾さんが熟練の技を発揮して綺麗に仕上げてくれています。

文字彫りを清延さんが彫刻して、

仕上げにすり漆を施して完成になります。

すり漆は、ケヤキの杢目が更に美しく浮かび上がるので楽しみです♪

平松

 

 

 

 

◆ 建具屋の倉島さん県優秀技能者受賞

2017-11-28

11月25日付の静岡新聞で『 県優秀技能者 』の発表がありましたね。

天峰の建具を作ってくれている「 倉島武次氏 」が建具製造工部門で受賞しました。

「ド」が付くほど真面目で、常にお客さんのことを考えていて、

私はいつも頼ってしまう優しい職人さんです(^^)/

建具や木工などの仕事の他にも、

アウトドアなど知識や経験が豊富で、

天峰としては多方面でお世話になっております。

後継者育成にも力を入れて、常に弟子を持っており建具組合でも大役を任されたりする人望厚い方です。

この度は、受賞おめでとうございました。

心よりお祝い申し上げます。

そして、これからも素晴らしい建具を製作していってください。

私事ですが、建築大工部門で受賞した写真左上顔写真の松井隆氏は

私が技能専門校の建築科に通っているとき講師で教えに来てくれていた方です。

受賞おめでとうございます。学生時代は本当にお世話になりました。

平松

 

 

 

 

◆ 千手寺様で本堂上棟式

2017-11-27

 

 

11月25日(土曜日)、磐田市の千手寺様では本堂新築の上棟式が行われました。

青空が気持ちいい日で、檀家さんや近隣の方々も大勢集まり、

賑やかに上棟式が行われました。

上棟の法要はご住職の読経が響き渡り、

参列者は一人ずつ御焼香をして上棟のお祝いと工事の安全を祈願いたしました。

工匠の儀は、なかなか見ることのない大工による儀式なので、

皆さんジックリ見入っていましたヨ!

 

 

 

 

 

その後は、大工により棟のお清めを済ませお餅投げへ

 

 

 

お餅もお菓子もタップリ撒いたため、

皆さん袋いっぱいになっていました♪

檀家様にも地域からも愛される千手寺様が

これからもますます発展していくことをお祈りしています。

ご住職をはじめ、総代様、建設委員の皆様、檀信徒の皆さま本堂上棟おめでとうございました。

これから完成まで安全第一で進めてまいります。

平松

 

 

 

 

 

◆ 彫刻絵柄がすべて決定

2017-11-25

浜松市入野町の新造屋台に取り付く彫刻がすべて決定しました。

屋台建設委員会の方々と打合せや原画作成を繰り返し、

彫刻33箇所の絵柄・デザインが決まり、

早いものはすでに彫刻に取り掛かっています。

和紙に描かれた原画を見ただけでも美しさを感じ、

これがケヤキの一木から彫刻され、立体として浮き出てきたらすごいものになるだろうと想像できます(^^)/

龍はもちろんのこと鳥や鯉が多く入ることで

優しく美しい屋台になることがみえます。

『 三手先 』という斗栱(ときょう)の上に屋根が乗るため、

羽を広げたような広く大きな唐破風屋根が特徴になります。

完成は来年秋で、本体の墨付け刻みも順調で、

今から完成が待ちどおしいです!

平松

 

 

 

 

◆ 和釘と洋釘

2017-11-24

文化財である瑞雲院様鐘楼堂の保存修理では、

屋根の部分を調査しながら解体を進めています。

釘などもなるべく折れないように丁寧に外していき、

使用箇所やサイズなども控えていきます。

昭和初期の修繕で使われた洋釘(=現代でも流通する丸棒の大量生産される釘)もたくさん打ってありました。↓↓

解体してみて気づくことは、

和釘(=昔の四角い釘)の方が引き抜きづらく、

釘自体の腐食度も少ないということ。↓↓

やはり、1本1本 鍛冶職人さんが手で打って作った釘は強さが違いますね!

300年近く前の「 和釘 」と100年ほど前の「 洋釘 」

平松

 

 

 

 

◆ 腐食部材の加工製作

2017-11-23

 

 

島田市の普門院様本堂屋根替え工事では、

瓦を撤去し、傷んでいない部分を先行して下地つくりを進めています。

腐ってしまっている部材に関しては、

浅羽作業場にて寸法型板取り~加工製作を行っています。

あたりまえですが、直線的な部品よりも

曲がった部材の多いお寺の屋根ですから

キッチリ合わせて造っていくのは大変です。

文化財修理工事で培った修繕技術を活かして

丁寧に仕事していきます。

平松

 

 

 

◆ 人気の雑貨展のお知らせ

2017-11-22

お知らせです♪

手作り作品と暮らしの雑貨展『 Gallery〇△☐ 』がありますよ。

11/30㊍、12/1㊎、12/2㊏の三日間で

場所は浜松市入野町1104 のツインギャラリー蔵 です。

主宰者の作家名「 鄙人 (ひなびと)」さんの自宅は天峰で建てさせていただきました。

玄関の土間は三和土(たたき)で、見上げると吹き抜けに太い丸太梁が見事に架かる古民家風のおうちで、

快適に暮らせる!!と今でも大変喜んでいただいております。

13回を数える人気の雑貨店に是非行ってみてくださいネ(^^)/

平松

 

 

 

◆ 完成見学会にお越しの皆様に感謝

2017-11-21

 

昨日、浜松市の竹林寺様では、完成見学会を行いまして、

たくさんのご来場をいただきましてありがとうございました。

説明も不慣れでうまく伝わったのかが不安ですが、

夕方までひっきりなしに対応させていただき、

写真を撮るのも忘れていまして、終了時間を過ぎてからやっと撮った写真です。

遠めで見る夕焼け前の本堂もあいかわらず美しく、

アッという間に過ぎた1日に感謝しました。

またこれからも天峰らしさを発揮しながら良いものをつくり、残していければと考えますし、

お寺さんのかゆいところに手の届く工務店であるよう努力いたします。

ビックリするほど遠方よりお越しのお寺さんもあったりと

ご来場いただいた皆様には心より感謝いたします。

平松

 

 

 

 

◆ 千手寺様本堂建て方が順調です

2017-11-20

磐田市の千手寺様では建て方が10日間にわたって行われています。

本堂と本堂に付属する書院・大玄関の建て方も同時に進めています。

ちょうど建て方が始まるころから冬の寒気がやってきて、

空は青いのですが、北風が冷たいデス。

カケヤを振って体が熱くなるので、仕事には良い気候です。

本堂は丸太梁が順調に架かり、

玄関や書院も同時進行で順調に進んでいます。

今週末の上棟式に向けて、安全第一で工事していきます。

監督・澤元

 

 

 

 

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (8)