新着・今後の活動・心ゆたかに

bar

本堂耐震工事の様子

春日井市の日輪寺様で施工している耐震工事に使用している仕口ダンパーです。

本堂などを含めた伝統構法で造られた建物には、

現状の構造を調査し、限界耐力計算法にて建物の強度を算出し、

必要な箇所に制震ダンパーを設置し、

地震の揺れを吸収する地震対策が有効です。

日輪寺様本堂は、強度不足の旧土台を桧の新材に取り替え、

骨格を安定させた上でダンパーを確実に設置しています。

本堂は、住宅に比べ床下空間があるので、

時間はかかりますが丁寧なを作業を進めています。

補強計画図面通りに設置し、記録もとっていきます。

今後予想される大地震に備え、古いお寺さんも耐震を検討してみてください。

平松

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.