新着・今後の活動・心ゆたかに

bar

保泉寺様護摩堂の屋根工事

浜松市篠原町の保泉寺様護摩堂新築工事では、

屋根作業を優先して進めています。

軒廻り材が付き終わり、桔木もガッチリ固定できまして、

妻部分の野地板張りを進めています。

振れ隅木の振れ幅が大きいので仕上がれば綺麗な形状になりますよ。

上の写真のように、両妻部分(左右面)はかなりきつい勾配(角度)になります。

正面と裏面は、母屋桁を入れながら屋根の高さ調整をしていきます。

武田棟梁が集中して大工作業に従事しています。

監督・澤元

 

 

 

Comments are closed.