新着・今後の活動・心ゆたかに

bar
トップ > 大棟梁 澤元教哲の想い

 15歳で水窪町を後にして森高等技能専門学校の建築科で勉強後、奥田建築の親方のもとへ弟子入りしました。生来物を作ることが好きなので、大工という仕事も楽しくしていましたが、18歳で鎌田神明宮の大遷宮の仕事をし、その時に宮大工になりたいと初めて思いました。でも現実はすぐに宮大工になれるわけでもなく、住宅の仕事をする日々でした。それでも「思い続ければいつか夢はかなう」という思いから、勉強を続けていました。そして27歳で蔵泉寺の水野正裕老師や菅沼照二氏のおかげで、養源寺様の本堂建築を請け負うことができ今に至っています。その時に水野正裕老師から教えていただいた「金を残して下、物を残していまだ中、人を残して上とする」の言葉を胸にきざみ日々仕事をしております。

 昭和33年水窪町出身。
周智郡森町の職業訓練校を昭和48年に卒業後、磐田市鎌田の奥田建築に入社。18歳のときに鎌田神明宮の大遷宮(60年に一度)に携わったのがきっかけで寺社建築に興味を持ち、浜松市中野町の宮大工・故菅沼照二氏のもとで勉強をした。

昭和54年に「住建さわもと」を創業、
昭和59年4月29日
静岡県磐田市鎌田へ移転する
昭和63年に「株式会社天峰建設」に組織変更。
平成3年7月9日
静岡県袋井市横井に袋井営業所を設立する
平成11年3月
静岡県袋井市中(旧磐田郡浅羽町中)に
浅羽工場を設立する

寺社建築専門で仕事を請けており、
祭り屋台は平成7年の
磐田市長江地区屋台を
はじめとして
現在までに新築・
限全解体修理で
合わせて20台の
実績がある。

賞

平成12年11月
 日本伝統建築技術保存教会設立とともに
 正会員(乙)となる

伝統的な寺社建築の工法に西洋の技法を取り入れた
「対づか洋小屋組工法」によりコストダウンに成功。
静岡県西部における寺社建築では実績が一番。
宮大工の実技指導にも当たり、後進の育成に尽力。

趣味はゴルフと旅行。お祭り大好き人間。
青少年の健全な育成のための活動にも精を出す。 
日本伝統建築技術保存協会会員
講演風景
↑講演風景                        ↓天竜林業にて
天竜林業にて

ページのトップへ

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (20)