新着・今後の活動・心ゆたかに

bar

◆ 本堂外部の床下換気

2015-05-30

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

浜松市の正光寺様本堂工事では、馬渕が外部の化粧キズリ板を施工しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

天峰では、板と板の隙間を開けた張り方をします。

床下の換気は、建物を維持していくためには本当に必要なことです。

近年は、ベタ基礎が主流なので、直下地面からの湿気は上がってきませんが、

湿度が高い時期や、雨の日に入った湿気を抜かなければいけません。

いつも風の通る状態である必要があります。

時々、床下をトタンなどで覆ってしまってある建物を拝見しますが、

構造材の長期保存にも、シロアリなどの害虫から守るためにも床下に風が通るようにしておきましょう(^^)/

平松

 

 

◆ 本堂階段に手すり設置

2015-05-29

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

↑↑↑ 手すり設置前

手すり設置後 ↓↓↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

袋井市の大福寺様で、本堂正面階段に手すりを設置いたしました。

お年寄りがお参り来る時に、やはり少しの段差でも手すりがあった方が親切ですよね。

ご寺院様によっては、階段の両側手すりを希望されることと、

中央1本の場合と両方ありますが、

どちらにもメリット・デメリットがありますので、質問していただければと思います。

平松

 

 

◆ 鐘楼堂屋根修理

2015-05-28

DSC_9820

磐田市の連福寺様では、鐘楼堂の屋根修理工事がスタートしました。

腐っている破風板(ハフイタ)まわりを中心に取り替えします。

入母屋瓦屋根の瓦ですが、納まりがかなり悪く、

雨水が長年侵入していたことによる腐りがひどく、

手遅れになる前にと、修理することになりました。

DSC_9813

住職のお話しですと、20年くらい前に、近所の大工さんと、瓦やさんが瓦葺き替えをしたそうで、

瓦やさんは、こういう屋根(お寺の反った屋根)は初めて葺く。と言っていたそうです。

確かに、住宅の仕様で無理矢理施工してあるのですが、

たった20年でこの状態デス。

仕事や修理を依頼する、お寺さん側で注意して発注するよう気を付けていただきたいと思います。

「 安いから 」や、「 顔見知りだから 」も気にするところだとは思いますが、

『 餅は餅屋 』と言われるように、専門でないと出来ないことがあります。

特に、寺社仏閣に関しては、『 声を大 』にして言いたいところであります!!

今回の修理工事は、9月中旬までの工期で、

木部取り替え・補修と、瓦自体は再使用しての大部分葺き直しです。

もちろん寺社専門のキッチリした工事で施工します。

平松

 

 

◆ 本堂の桔木施工

2015-05-27

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

浜松市の光福寺様、本堂新築の様子です。

雨の少ない天気が続いており、屋根工事が順調に進んでいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

桔木(はねぎ)を施工しております。

この桔木をいかにしっかり施工できているかで、

軒の丈夫さが全然違ってきます。

この桔木がいかに重要かは、寺社専門でお仕事させていただいている私たちは常に意識していますヨ。

これから、向拝部分の桔木の施工に移っていきます。

引き続きキッチリ工事していきます!!

平松

 

 

◆ 奈良へ研修見学

2015-05-26

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨日、25日(月)は日本伝統建築技術保存会の現場見学会に参加してきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

奈良県橿原市にある今井町です。

ここは、重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、

重要文化財に指定されている住宅や、お寺があります。

その中でも、現在、全解体修理工事中の称念寺本堂は、一般には公開されていないため、

貴重な見学をさせていただきました。

上の写真の、山門の後ろに見える素屋根のかかった建物の中で工事が行われています。

写真はアップできませんが、本当に大がかりな保存工事でした。

そして、今井町並み散策と、豊田家住宅と高木家住宅の内部観覧・説明を聞きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

京都を想わせる風情ある街並みで、感激しました(^^)/

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

帰りには、せっかく奈良まできたのだからと、名所を数カ所めぐり!!

桜井市の大神神社(おおみわじんじゃ)では、参道もすごくいい雰囲気で、立派な拝殿を見学できました。

ブログをご覧の皆様も、時間がとれたら是非行ってみてくださいネ。

ヨーロッパの街並みも良いかもですが、

日本の古民家集落もスンバラシイ!!ですね!!

初めて行く土地なのに、なぜか、懐かしく感じ、ホッとしてしまうのは日本人の「DNA」ですか(笑)

平松

 

 

 

 

◆ 国分寺まつり 告知

2015-05-25

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『 国分寺まつりin遠江 』が、6月13日(土)の開催されます。

磐田、古くは遠江と呼ばれていたこの地の歴史を知る いい機会ではないでしょうか?

遥か昔、この地に日本最大級の木造 七重の塔が建立していたんですよ!!

すごいことですし、誇りに感じます♪

会場は、磐田市役所と磐田南高校の間の広場です。

お時間が取れる方は、ぜひ足を運んでみてください(^^)/

平松

 

 

 

◆ こけら葺き初重の軒付け施工

2015-05-23

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

磐田市の府八幡宮文化財工事では、こけら葺き屋根の軒付け作業が進んでいます。

小さな部材ですが、一枚一枚丁寧に施工してくれていますヨ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

留め先(四隅のカドになる部分)は、互い違いに綺麗にのせられ、感激ものです(^^)/

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大量に現場に納品されてきましたヨ。

使っている材木は『 サワラ 』という材木ですが、

目(年輪)の詰まった極上の材で、カラカラに乾燥しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

材料も良ければ、腕も良い!

施工も丁寧に行ってくれている屋根葺き屋さんです!(^^)!

まだまだ時間はかかりますが、よろしくお願い致します。

サワラの木…

漢字では『 椹 』。

ヒノキ科の常緑高木で、桧に比べ香気が少ない。

耐水性に優れています。桶の材料として使われることは皆さんもご存じでは?

桧より軽くて柔軟のため、弱い桧と書いてサワラ(弱桧)と読むこともあるそうです。

平松

 

 

 

 

◆ 野イチゴの群生

2015-05-22

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先日、現場横の土手で『 野イチゴ 』の群生地を発見しました♪

私が小学校の時、通学路の土手に群生地があり、

みんなでバラのトゲにひっかかれながらおやつ代わりに食べた事を思い出します。

その土手も河川改修で今はもう野イチゴの気配はありません(泣)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なつかしく、摘んで食べてみました(^^)/

感想は…

なつかしい味でした…。

甘いんですが、3個も食べれば十分かな(笑)

至近距離からの写真は、ツヤツヤでおいしそうに撮れました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自然の減少と共に、野イチゴも減っているんでしょうね。

野イチゴでも種類がたくさんありますし、

写真のものは「草イチゴ」です。

詳しくない方は、通称「ヘビイチゴ」と間違えて食べないようにしてくださいネ。

食べても、毒はないですがおいしくないデス。

なつかしい、春のおやつのお話しでした。

平松

 

 

 

◆ 無垢の床板が気持ちいいです

2015-05-21

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

浜松市の正光寺様本堂の造作工事では、

広縁の板畳が張られました(^^)/

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

桧の一枚板を張ったのですが、住宅などに使用する床板と比べれば倍くらいの厚みです。

原板で、厚み1寸(3センチ)×幅8寸(24センチ)を加工し仕上げた桧板です!

歩いてみると、桧なので柔らかさがあるのに、踏んだ感触がズシッと重みが伝わってくる感じがします。

この写真を撮った後すぐに養生をして隠れてしまったので、

次、見れるときは完成の時デス。

檀家の皆様、楽しみにしていてください♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、佐野棟梁は内陣の床板の段取り・加工です。

こちらは更にすごい材です!

すべて国産ケヤキの一枚板!!

原板では、1.5寸(4.5センチ)×1.2尺(36センチ)~1尺(30センチ)の希少な一枚板です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ただ今、反りどめの吸い付き棒と、メカスという特殊釘で留めていくための段取りです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらも、張った後の歩いた感触は感動ものですよ!

今から楽しみです♪

平松

 

 

 

 

 

◆ 地鎮式を行いました

2015-05-20

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨日、浜松市のS様では庫裡新築工事着工に伴う地鎮式が執り行われました。

午前中雨が降り、しっかり地面が固まった地鎮式日和で、

本堂の中で法要が行われました。

早速、今日から基礎工事が着工します。

完成まで、気を引き締めて工事していきます。

今までも、修理や改修などお付き合いをさせていただいておりますが、

新築庫裡完成後もキッチリとメンテナンス対応させていただきます。

監督澤元

 

 

 

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (7)