新着・今後の活動・心ゆたかに

bar

◆ 津島神社様は完成間近

2015-08-31

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

磐田市の津島神社様新築工事では、

引渡し前のクリーニング工事で、美装やさんが入ってくれています。

神社の建築は、住宅の様にたくさんの業者が出入りするわけではないため、

比較的よごれていません。

主には、ホコリ清掃と外部下まわりの清掃です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

充分に広さのとれた拝殿は、行事などでも大人数が入れます。

ヒノキの香りがプンプンして中にいるだけで癒されますヨ。

9月22日に、落成奉告祭が行われるということで、

外構工事も進んでいます。

平松

 

 

 

◆ 可睡斎奥の院不動尊大祭

2015-08-29

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨日は、可睡斎の奥の院不動尊大祭に行ってきました。

賑やかな参道(^^)/

そして、境内では盆踊り♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

たくさんの子供たちが、とても楽しそうに踊っていました!

手筒花火や打ち上げ花火はすごい迫力で楽しめましたし、

灯籠流しはとても幻想的で感激しました。

途中、通り雨もありましたが夏の最後を満喫できました!(^^)!

また来年、楽しみにしたいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

平松

 

 

 

 

◆ 旧本堂の材を床框に

2015-08-28

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

浜北区の西隠寺様本堂新築の大工工事は、

床の間や床脇、本尊様まわりの造作工事を進めています。

床の間の框に使用した材木は、

旧本堂の構造を支えていた大きな梁を、再加工して使用しました。

真っ黒い煤(スス)に覆われていた部材ですが、

機械に通して削ってみたら、ご覧のとおり綺麗な杢目の材でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

旧本堂も、この地には移築されてきたものと記録が残っていますが、

ずっとずっと昔から建物を守ってきた材木が、

またこのように生かされます(^^)/

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

框として施工したので、もう切り口は見えませんが、

扇状に広がった杢目がおもしろいですね。

確信的な材種が分からなかったんですが、

きっと 栗 ではないかとのことです。

杢目を見て分かる方いたら教えてください。

平松

 

 

 

◆ 銅板葺き工事

2015-08-27

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

正光寺様大玄関工事。

唐破風の形が美しいデス!(^^)!

軒付けから銅板葺き工事始まりました(^^)/

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

完成がとっても楽しみです♪

平松

 

 

◆ 可睡斎で夏祭り

2015-08-26

 

20150826074334_00001

夏も終わりに近づいてきました。

毎年恒例の 可睡斎『 奥の院 不動尊大祭 』が

今週 金曜、28日に行われます(^^)/

暗闇に吹き上がる手筒花火は圧巻です!!

打ち上げスターマインも裏山に響き渡り迫力がありますヨ♪

天峰が建立したり、移築改修や、文化財修理した建造物も多々ありますので、

建て物見学も散歩がてらいかがでしょう??

ちなみに、このお祭りの主役、奥の院不動堂も天峰が建立しています!(^^)!

平松

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ 桔木の刻み

2015-08-25

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

竹林寺様本堂に使用する桔木(はねぎ)の刻みの様子です。

ものがデッカイだけに、刻みにも手間と時間が掛かります。

この桔木で、大きく張り出た本堂の軒を支えるだけに、

キッチリ刻むことも要求されます。

建て方は来春なので、桔木の施工はその後になるんですが、

現場作業を段取り良く進めるため、建て方前にできることは全て行います。

小澤棟梁も、集中して墨付けを行っています!!

平松

 

 

 

◆ 本堂大棟瓦の修理

2015-08-24

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

少し前ですが、掛川市のK院様で本堂瓦の落下があり連絡をいただきました。

たまたま、落ちた先は中庭側のトタン屋根の上だったので、

トタンに穴が開いただけの被害でしたが、

これが、人の頭の上だったと考えるとゾッとします。

点検をしましたら、状態がかなり悪く、

次から次へと瓦が落ちそうなところがあり、根本的な修理が必要な状況でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真は、落ちた熨斗瓦(のしかわら)と反対側の状況ですが

雨水がまともに入り続けている状況で、

裏込めの土も流し出されてしまって、かろうじて細い銅線で吊られているだけの状態でした。

住職や総代さんに説明の上、大棟を一度バラシ、対策をしながら積み直すことになりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

早速、先日から修理工事が始まりました。

瓦を葺いてから30年弱とのことで、(もちろん天峰の施工ではない)ちょっとお粗末です。

さらに、これだけ大きな大棟なのに棟束などの芯材が入ってない…。

見た目だけを良くするのは、どんな業者にもできますが、

しっかりした施工ができていないと危険すぎます!

の事例です。

瓦自体の状態は良いので再使用でいきます。

しっかり、構造から修理していきます。

平松

 

 

 

 

◆ 反った材の加工中

2015-08-22

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

浜松市の光珠寺様山門の墨付け刻みが進んでいます。

木村棟梁が加工しているものは、登り裏甲(のぼりうらごう)という部材です。

大型の帯ノコで荒挽きした材を、電気カンナを使って、形を決めているところです。

もちろん、現寸図から映した型板を元に造っていきます。

薄い材ではないため、曲げようと思っても曲がるものじゃあありません(笑)

キッチリ曲がった形で造り出します。

9月末の上棟に向けて、刻みは順調です(^^)/

登り裏甲とは…

破風板の上に乗る部材です。説明しにくいので 他現場の写真を見てください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

取付けしている矢印の部材デス。

(写真は今年3月に完成した磐田市の連福寺様山門)

この『 反り 』も、建物、時代、地域、宗派などなどによっても変わってきます。

建物を正面から見ただけでは見えない部分ですので、

あえて真横から見ていただくと色々な違いが発見できると思いますヨ。

平松

 

 

 

◆ 文化財工事の進捗状況

2015-08-21

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

磐田市の府八幡宮楼門工事の様子です。

いよいよ、屋根の杮葺き(こけらぶき)も今週いっぱいで完成となります。

数カ月の間、住みこみで屋根葺きを行ってくれた職人さんたち、お疲れ様でした。

特に、暑い時期でしたので、素屋根の中でも高い所には熱気がこもり

灼熱の状況下での工事でしたね。

この、葺き上がった屋根を見れば皆さんの熱意が感じられます(^^)/

ホント、芸術的で素晴らしい仕事っぷりです!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

残すは、大棟の熨斗(のし)葺きです。

大棟自体は、銅板仕上となりますので、

大工が箱棟=大棟の銅板下地 を製作し、銅板やさんが仕上げを行ってくれます。

そして大工工事は、

二層目の欄干や濡れ縁まわりの補修や埋め木、などです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

取替え・作り替えがある金剛柵は、既存を元に新規に作成しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみに、上の写真は両方とも新規に製作した金剛柵デスヨ!!

右は、経年変化のように見せるため、加工を施したものです。

新しく製作したものには見えませんヨ!(^^)!

工事完了に向けての作業が進んでいます。

平松

 

 

 

 

 

◆ 竹林寺様で書院上棟式

2015-08-20

DSCN1668

浜松市の竹林寺様では書院新築工事の上棟式が行われました。

ご住職をはじめ、総代様、建設委員の皆様おめでとうございました。

DSCN1691

佐野棟梁の焼香。

ホッと一安心の心の声が聞こえてきそうです(笑)

それもそのはず!

天峰では初となる限界耐力計算による大書院なので、

構造的にも、貫工法での骨格です。

現代では一般的な『 揺らせない 』建物ではなく、

大昔から伝わる『 揺らして耐える 』『 揺れても倒れない 』建物なんです。

『 剛(ごう)』ではなく『 柔(じゅう)』の建物って表現が分かりやすいですかねぇ?

DSCN1694

国への建築申請上、ご寺院関係者様にはご心配をお掛けしましたが、

このように、無事上棟することができ天峰一同感謝の気持ちでいっぱいです。

完成まで更なる気の引き締めと、

2期工事で待つ本堂新築においても集中して取り組んでいきたいと思います。

監督・澤元

 

 

 

 

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (16)