新着・今後の活動・心ゆたかに

bar

◆ 樹木の伐採・枝払い依頼

2016-10-31

dscf1181

この時期は、伐採や枝払いなどの樹木に関する問い合わせが多くなります。

裏山を持ったお寺さんは多く、夏の間に大きくなった樹木は困りものです。

先日枝払いをおこなったR寺様は、

「墓地裏山の樹木が大きくなりすぎて、落葉時期からの落ち葉がお墓に被る部分を何とかしたい。」

とのことで、大きく枝払いしました。

もちろんレッカーなどの重機が入れないため、

人力での作業になりますが、安全にキッチリ作業しましたヨ!!

dscf1111

森林組合などに相談したら見積りが高額になったとのことで、

天峰へ声がかかることがかなり多いですよ。

ぜひ一度相談してみてください。

工事前・後の写真をどうぞ。

dscf1106

↓↓↓

dscf1175

平松

 

 

 

 

 

 

◆ RC建物を築造中

2016-10-29

dscf1572

浜松市の龍雲寺様では、とても大きな基礎工事がほぼ完了し、

大庫裡再建の木造建て方前に、足場を組んでRC工事を行っています。

じつはコレ納骨堂なのです!!

永代供養をお祀りする、いわゆる室内墓地です。

「納骨堂」には、耐火構造が求められるため、

それに対応する為の鉄筋コンクリート造の部屋なのです。

dscf1576

 

dscf1582

建設する木造大庫裡が巨大なため、その中の一部にスッポリと納まるかたちです。

大きなRC建物に、鉄筋やさんや型枠やさんもビックリしています(笑)

納骨堂内部の詳細打ち合わせも着々と進んでおり、

和モダンの美しい納骨堂を楽しみにしていてください(^^)/

平松

 

 

 

 

◆ 鳥居が気になり

2016-10-28

dscf1636

でっかい朱鳥居が気になり…気になり…寄ってみました。

ここは豊川市の五社稲荷社。

dscf1615

境内の石鳥居をくぐるとすぐに見えるのは連続する鳥居!!

dscf1618

ご利益がありそうなお稲荷様では?

と、石段を登って拝殿でお参りし、矢印に従って奥の院へ。

奥の院でも参拝し、少し進むと またまた連続した鳥居!

dscf1629

 

dscf1632

伏見稲荷の千本鳥居の雰囲気を感じつつ、

たまたま寄った神社でしたが、

ちょうど、感謝と喜びを伝えたい時でしたので良い参拝ができた日でした♪

平松

 

 

 

 

 

◆ 震災時の応急危険度判定

2016-10-27

%e5%bf%9c%e6%80%a5%e5%8d%b1%e9%99%ba%e5%ba%a6%e5%88%a4%e5%ae%9a%e5%a3%ab

応急危険度判定士 のお話し。

4月の熊本地震の際にもブログで紹介した応急危険度判定士の件です。

先日、鳥取県中部で大きな地震が起きてしまい、

倒壊や半壊など被災状況が大きな地域が出てしまっています。

その中で緊急的に活躍している応急危険度判定士の仕事とは、

震災後、人命にかかわる二次被害や三次被害を防ぐため建物の危険度を判定、決定する専門家です。

基本的には、行政の担当者が診断判定することが望ましいのですが、

震災や災害時には人出が必要になるため、

各都道府県・市町村ごとに、建築士や専門家などの講習や訓練を受けた人が登録されており、

ボランティアで協力する形態をとっています。

平常時より住民に対して周知を行うことで、

いざという時の応急危険度判定がスムーズに進むと考えているので

資格者の一人として、もしもの災害時に活動できるように事前準備からしていきたいと思います。

平松

 

 

 

◆ 竹林寺様左官工事

2016-10-26

1477381960352

 

1477381972208

浜松市の竹林寺様書院新築の様子です。

ただ今、左官さんが下擦り・中塗りの真っ最中です。

左官仕上げ面積が相当多いのでなかなか時間が掛かっています。

工期的には余裕があるのでキッチリした仕事で進めてくれています。

監督・澤元

 

 

 

 

◆ 『諏訪蓮』屋台の全解体修理では

2016-10-25

dscf1441

浜松市天竜区二俣の『 諏訪蓮 』屋台全解体修理の様子です。

柱の詳細チェックが済みました。

状態としてはとても良く、総ケヤキなのでもちろん柱もけやきなのですが、

多少の曲がりはあるものの、心配していたホゾや仕口の傷みはほとんどナシ!

経年劣化と材の痩せも想定内で、大ごとにならずに修正していけます(^^)/

最小限の予算で最大限の効果を発揮できるべく、

天峰の屋台技術を発揮していきますよ!!

平松

 

 

 

◆ 鐘楼堂修理の様子

2016-10-24

dscf1462

牧之原市の平田寺様鐘楼堂修理工事の様子です。

雨漏りや害虫被害で傷んでいた隅木を入れ替え、

ガッチリ強度のある構造部になりました。

化粧になる下端や、先端部分は古材との色を合わせ、

違和感なく納めました。

今は、作業場で接ぎ木・繕いの完了した軒廻り材を復旧しています。

dscf1474

 

dscf1470

交換が必要な化粧垂木も、見える下端は古色を施しながら入れ替えています。

dscf1477

今後必要になる、軒先に取り付く切り裏甲はほぼすべて取替えのため、

加工後、古色塗装を施しています。

増田棟梁が段取り良く進めているため、工事は順調です(^^)/

平松

 

 

 

◆ 淡路島の鬼瓦工房へ

2016-10-22

1476951469541

先日、浜松市 竹林寺様のご住職と総代さん御一行様と一緒に

淡路島の瓦工房へお邪魔し、

製作途中の鬼板へ『 ヘラ書き 』してまいりました。

1476951476028

ほとんどの鬼瓦が製作中で乾燥期間でしたので、

焼き上がる前の様子を視察し、

立派な鬼瓦に感激しました。

これから窯に入り、完成して届くのが待ちどうしくなりました。

澤元

 

 

 

 

 

◆ ちっちゃな文化展の紹介

2016-10-21

011

今日から三日間、10月21(金)・22(土)・23(日)には、

この時期 毎年恒例の

『 遠州横須賀街道ちっちゃな文化展 』が掛川市横須賀(旧大須賀町)で行われます。

今回で18回を数え、年々来場客が増え遠方からも楽しみにやってくるほどファンの多いイベントです(^^)/

天峰で住宅を建設させていただいた山口さんも絞り藍染作家として毎年出展されています。

美しい作品を、どうぞご覧ください!!おすすめです♪

現地では、パンフレットも配っておりますし、

ブラっと行って、のんびり散策も有意義な時間となると思います!(^^)!

是非!!

http://www.city.kakegawa.shizuoka.jp/kankou/event/chittyanabunkaten.html

平松

 

◆ 一級建築設計事務所のご報告

2016-10-20

dscf1206

天峰の設計事務所がパワーアップいたしまして、6月より一級への登録となりました。

正式事務所名は

『 株式会社 天峰建設一級建築設計事務所 』

となりましたことを改めて報告いたします。

今までの「二級」よりも格段と業務や建設規模の範囲が広がり、

建設に関してどんなものにも対応できる体制となりました。

一級設計事務所としての登録につき、

先日には事務所開設講習へ所長の澤元が行ってきまして、

天峰建設として、設計管理から施工まですべてをカバーでき信頼される会社を目指してまいります。

今後とも、ご指導ご鞭撻よろしくお願い致します。

平松

 

 

 

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (24)