新着・今後の活動・心ゆたかに

bar

◆ 五重塔の魅力

2017-02-28

『 五重塔 』は、日本の伝統木造建築の中で最も伝説の多い建物の一つである。

「 五重塔が地震で倒壊したという記録がない」

ということが、この伝説をつくり上げています!

五重塔の高い耐震性については様々な説があり、

東京スカイツリーをはじめ、ビルなどの超高層建築にも応用され、

『 柔構造 』で地震に強いことが証明されています。

『 心柱 』『 木と木を組み合わせる木組 』『 揺れて地震力を逃がす 』

などなど、さまざまな要素が複雑に関係しあって耐震性を向上させています。

地震国日本で、伝統木造建築の高い耐震性を実証する五重塔 。

美しさと強さを合わせ持ったスゴイ建築です(^^)/

明治以前に建立し、今も現存する五重塔だけでも22棟あります。

この全てで国宝や重要文化財に指定されていますよ。

明治や大正以後の純木造の五重塔も約20棟あり、

暖かくなったら、五重塔を巡る旅はいかがですか?

平松

 

 

 

 

 

 

◆ 天峰新年会を行いました

2017-02-27

2月25日(土)は、毎年恒例いつも遅めの『 新年会 』を行いました。

この時期くらいが、皆さん参加できて喜ばれるんです(^^)/

今年も多くの業者さんまで顔を出してくださり、

賑やかに開催することができました♪

2月10・11で開催された『 技能グランプリ大会 』で

銀メダルに輝いた 小澤の祝勝報告もあり、

ハッピームードで宴会を行うことができ、

今年も、天峰一丸となって進んでいく決意と確認ができました!!

今年もバリバリ頑張っていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

平松

 

 

 

 

◆ プレミアムフライデーが始まりました

2017-02-25

昨日は、『 プレミアムフライデー 』でしたね(^^)/

月末の金曜日は仕事を早く切り上げて、有意義に使いましょう!

という試みですが、皆様はいかがお過ごしだったでしょうか?

残念ながら天峰では通常営業。

そして、私のまわりで導入の話は皆無でしたね…。

消費が促され、景気が上がることを期待しつつも、

調査結果を見ても、導入企業は2~3%、

やりたいことも、「家でゆっくりしたい。」の回答が1位だとか。

プレミアムフライデ―がどの程度効果が出るのか注目したいです。

平松

 

 

◆ 日輪寺様と二子山古墳

2017-02-24

本堂耐震工事を行う愛知県春日井市の日輪寺様の横には

国指定史跡である二子山古墳と広大な二子山公園、

そして神社があり、地域の憩いの場となっています。

 

6世紀頃に作られたとされる前方後円墳やその周りから多くに出土品があり、

併設の「 ハニワの館 」で展示され、

毎年10月には『 ハニワまつり 』が賑やかに開催されているそうです(^^)/

公園内の水道も↓↓

こだわっていますネ!

 

敷地内には立派な白山神社があり、

↑ 神楽殿かな?骨格も太く綺麗に作られています(^^)/

鉄骨の方杖が景観的にもったいないかな…。

制震ダンパー補強で、丈夫で見た目スッキリ強くできそうなのにな。

賽銭箱には、葵の御紋が入っていました。

さすが、地域的にも徳川が統治していたんでしょうね。

今年のハニワまつりは、本堂耐震工事中と重なるので、

おまつりを体験できるのも楽しみです♪

工事に際しては、ご住職をはじめ、お檀家様にはご迷惑をお掛け致しますが、

天峰の技を発揮して、キッチリ工事していきますのでどうぞよろしくお願い致します。

平松

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ 静岡新聞に小澤の記事

2017-02-23

今日、2月23日(木)の静岡新聞朝刊に小澤の記事が載りました。

先日 開催された技能グランプリで銀メダルを取ったことを、

自宅のある森町町長に報告に行った時の様子です。

受賞後からは、各方面からお祝いの言葉をいただき、

小澤本人からは、「 これほどまで注目されるとは思わなかった。

成績におごらず、感謝の気持ちをもって 今後の仕事に生かしたい。」

と、仕事への更なる意欲が見えます!(^^)!

平松

 

 

 

◆ 工事前の引っ越しを大工が。

2017-02-22

豊橋市の聖眼寺様では、庫裡改修工事を終え、

工事期間中、仮本堂として使用できる準備が整いました。

3月から本堂耐震屋根替え工事を前に、

堂内仏具や、備品を天峰でお預かりするための梱包をしています。

大工職はお手の物でも、引っ越し梱包は慣れていません(笑)。

それでも、手先の器用さで順次きれいに養生していますヨ!(^^)!

長い工事期間になりますが、責任を持って大事にお預かりいたします!!

平松

 

 

 

◆ 基礎工事と春の気配

2017-02-21

磐田市の全海寺様では、本堂基礎工事が順調に進んでいます。

ただ今、配筋工事中で職人さんが丁寧に作業してくれています。

春一番の風と共に春が近づいてきています。

境内には、春を感じさせる梅と桜の花が咲き、

休憩中の私たちの疲れを癒してくれています。

 

 

梅と桜が同時に咲いていてとても綺麗です。

この時期に咲いているので早咲きの桜ですね。

監督澤元

 

 

 

◆ てっぺん静岡でのお土産

2017-02-20

先日のテレしず、『 てっぺん静岡 』ご覧になりましたか?

緊張しながらも、しっかりアピールしてくれました(^^)/

小澤が記念にもらってきたもの。

ズミさん こと高橋正純さんの色紙(^^)/

天峰の作業場や現場は、K-mixが流れている率が高く、

隠れズミさんファンが多いので、この色紙はうらやましい(笑)

オンエア後には、柱材にサインしてもらって、

そこをカンナで削って薄くはぎ取るなどの遊びも披露してきたみたいです。

小澤の真面目さと、着ていた法被が良く目立つ、嬉しい放送でした!(^^)!

平松

 

 

 

 

 

◆ 鉄筋コンクリート造の診断

2017-02-17

『 RC造 』

いわゆる鉄筋コンクリート造の本堂や位牌堂の耐震や維持について相談されることが多くなってきました。

戦後、流行りのように多く建設されたRC造の建物ですが、

戦後70年を超え、コンクリートへの心配する声が上がっています。

ただし、一概に判断できるわけではなく、

コンクリートの寿命も定まっていないのが現実で、

環境、立地条件、土壌、塗装などのメンテナンス、などなど、

判断は難しいんです。

ただ、インフラの老朽化が近年問題視されており、

メディアなどニュースにも報道されることも相まって

トンネル、道路、橋、ビルなどなど、コンクリートの寿命的な件について

皆さんが意識しはじめたということです。

写真は世界遺産登録された長崎の軍艦島ですが、

ここのRC造マンションは過酷な条件下でも倒れていませんし、

100年は大丈夫!?といえる見本と言っていいでしょうか…。

例えの話は置いておいて、良いとか悪いとかではなく、

コンクリートの判断は難しいということです。

そんなコンクリートの相談も受けることが増え、

対応できる体制も整ってきていますので、気になる方は是非お声かけください。

株式会社 天峰建設一級建築設計事務所では、

各種調査から耐震検討、改修工事まで建設全般受け付けております。

平松

 

 

 

◆ 心ゆたかに108号

2017-02-16

心ゆたかに第108号画像をクリック!⇒拡大画像でお読みいただけます。
(プリントアウトしてもお読みいただけます。)

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (11)