新着・今後の活動・心ゆたかに

bar

◆ 心ゆたかに110号

2017-03-17

画像をクリック!⇒拡大画像でお読みいただけます。
(プリントアウトしてもお読みいただけます。)

◆ 心ゆたかに109号

2017-03-17

画像をクリック!⇒拡大画像でお読みいただけます。
(プリントアウトしてもお読みいただけます。)

◆ 『広報もりまち』に小澤が載りました

2017-03-17

『 広報もりまち 』に小澤が掲載されました。

森町だけの配布なので、森町以外の方が目にすることはないと思いますが、

せっかく大きく採り上げられた記事ですのでブログをご覧の皆様にも報告をと思いましてアップさせていただきました。

 

生まれ育った地元で受賞報告ができることは格別ですね♪

太田市長と親方に挟まれ、凛々しい小澤です!!

ここで、もうひとつ紹介しておきます。

3月27日(月)のラジオ K-mixの朝の番組『 モーニングラジラ 』の中で、

8時半からの『 マスタートーク 』に小澤が出演しますヨ♪♪

MCのズミさんこと高橋正純さんとの対話番組です!!

聞ける環境の方はラジオチャンネルを K-mixに合わせてみてくださいネ(^^)/

また、近くなったら再度紹介します。

平松

 

 

 

 

 

◆ 大きな建物が気になる

2017-03-16

浜松市の龍雲寺様大庫裡再建工事では、

外部の左官工事が始まっています。

シックイ仕上げの面がとてつもなく広いため、

左官さんは4人で段取り良く進めてくれています。

外部が徐々に出来上がってきている為、

檀家さんやお寺を訪れた方々が、

現場をのぞきにきたり、声を掛けて来たりしていますヨ(^^)/

もともと、参道や庭だった部分にこれほど大きな建物が建ち始めたら気になりますよね!

大工は夏の完成に向けて内部造作を頑張ってくれています!

平松

 

 

 

 

◆ 車の点検と疑問

2017-03-15

先日、天峰御用達のモータースにて、

私が普段乗っている社用車のメンテナンス。

ひと通り点検してもらって、オイル交換をして。

これでまた安心して乗っていけますネ♪

ここで素朴な疑問…。

車には車検や点検が義務付けられているのに、

住宅などの住まいを含む建物には義務付けられていない…。

走るから…?

動くから…?

人命にかかわる…?

納得する気もしますが、だったら『 建物 』も日々を追うごとに傷みは出てくる…。

天災に耐え、風雨に耐え、四季折々の出来事にも耐えています。

永久的なものは存在しないですし、

やはり長く維持していくためには、

点検・メンテナンスはとっても重要だと感じます(^^)/

早め早めのメンテナンスは、

ランニングコスト=維持費用を低く抑えることになりますからネ。

という結果に行きつく『 素朴な疑問 』でした。

平松

 

 

 

 

◆ 増築部分の墨付け開始

2017-03-14

閑田寺様増築の墨付けが木下棟梁により始まりました。

敷地条件により、難しい形状の部分が出てくるため、

ベテランの木下棟梁にお任せです!

現地調査から図面、墨付け、段取りまでとても頼りになります。

監督・澤元

 

 

 

 

◆ 丸柱と虹梁の差仕口

2017-03-13

磐田市の全海寺様本堂刻みの様子です。

ミスター宮大工こと岩渕さんが、丸柱に刺さる虹梁の差仕口を仕事しています。

丸柱、虹梁ともに岐阜産のケヤキを使用し、

杢目、赤身、質すべて申し分ないです(^^)/

丁寧に一カ所一カ所合わせていきます。

順調に進んでおり、これから軒材の加工も始めていきます。

平松

 

 

◆ 東日本大震災から6年

2017-03-11

東日本大震災から今日で6年。

亡くなられた方々にご冥福をお祈りするとともに、

今なお避難生活を送るなど、被災者の方々にお見舞い申し上げます。

メディアからは、取り上げられることも少なくなっていますが、

今一度災害に対する備えを見直すときです。

昨日は、家族で6年前の震災の衝撃を話ししました。

地震大国日本に住む私たちは、

いつ襲ってくるかわからない地震が来ることを

しっかりと肝に銘じておかなければなりませんね。

平松

 

 

 

 

◆ 二俣『 諏訪蓮 』屋台全解体修理完了

2017-03-10

天竜区二俣の『 諏訪蓮 』屋台全解体修理が完了し、

引き渡しとなります。

築造100年を超え、長年にわたって地域に愛されてきた屋台は、

近年、曳き回すには危険なほどの状態で、

もう1台ある屋台だけで曳き回していました。

全解体修理と締め直し、補強によりまた安心して曳き回していただけます!!

今回の工事では、装飾や漆などは現状維持でしたが、

古き良き味がでていますし、愛着ある屋台がそのままの雰囲気ですから

親しみがあり、祭典も盛り上がることでしょう!(^^)!

先日、電気屋さんが提灯配線などを施工して完了となりました。

今回はワンタッチ式にしましたのでメンテナンスなども良くなりますネ。

飾り金具は新規に製作した部分がありますが、

うまくまわりと馴染んでいます。

今回の改修の目的が、

・安全に曳き回せること。

・これから先も長期維持していきたい。

・最小限の予算で最大限の効果を。

というミッションを丁寧にお仕事させていただきました!

これから先も末長く愛される屋台であることを祈念いたしております。

平松

 

 

 

 

◆ お寺での婚活『 吉縁会 』

2017-03-09


画像をクリック!⇒拡大画像でお読みいただけます。

本日3月9日(木)静岡新聞朝刊に寺コン『 吉縁会 』の記事が載っていました。

浜松市西区入野町の龍雲寺副住職の木宮さんや

浜北区平口の西福寺住職 安藤さんたちが中心となって活躍している

『 吉縁会 』が全国にまで波紋を広げ、

お寺での婚活が評判を呼び、お寺の必要性を再認識できる素晴らしい取り組みですね♪

「 お寺 」や「 お坊さん 」といった安心感は

寺離れが進む現代人にも受け入れられていますし、

お寺に足を運ぶきっかけとしてもとてもいいですよね。

主催者側は企画・運営や準備などなど、

裏方部分がすごく大変だとは思いますが、

更なるご活躍を期待いたしております(^^)/

心より応援致しております。

吉縁会ホームページを貼っておきます。

ブログをご覧の皆さま、是非登録、参加を♪

http://www.kitien.com/

平松