新着・今後の活動・心ゆたかに

bar

◆ 地震動予測地図 発表

2017-04-29

上の画像は、何を示しているかご存知ですか?

昨日の静岡新聞でも1面にとり上げられていました。

これは、

「 今後30年間に震度 6弱 以上の揺れに見舞われる確率 」

の振動予測地図です。

赤色が濃ければ濃いほど確率が高いです。

 

J-SHIS は、日本及びその周辺で起こりうる全ての地震に対して、

その発生場所、発生可能性、規模を確率論的手法によって評価し、

確率を計算することにより、国の地震調査研究推進本部により作成されています。

http://www.j-shis.bosai.go.jp/

J-SHISのホームページを貼っておきます。

是非のぞいてみて、災害危機感を持つようにしてみてください。

平松

 

 

 

◆ クマバチ被害と藤の花

2017-04-28

桜が終わり、各地では 藤の花 が見ごろを迎えつつあります♪

あわむらさきがとても綺麗ですよね!

私も藤の花が大好きです(^^)/

ただ、同時に天峰への被害報告が入る時期でもあります。

藤の花のまわりに飛び交う『 クマバチ 』を見かけたり、

ブーンという羽音を聞いている人は多いと思いますが、

この『 クマバチ 』の活動時期です。

巣作りのため、木に穴を掘り、産卵します。

お寺に藤棚があることも多く、お寺の建物の木部を巣に使う被害が出ており、

対策を施すことが過去に多くあります。

 

天峰では、害虫や害獣対策も専門業者と協力して研究していますので

まず声を掛けてくださいネ。

平松

 

 

 

 

◆ 長押の刻み・取付け

2017-04-27

写真で翔太が刻んでいるものは、堂内の長押(なげし)です。

住宅の和室などでは、一般的に3.5寸から4寸(10.6~12㎝)ですが、

6寸(18㎝)の奈良県吉野産 桧を使用しています。

長押は、よく見える部分でもあるため設置には熟練大工の腕が必要です!

装飾的な部分が多いような『 魅せる 』仕事は、

大工仕事の中でも醍醐味なので、みんな楽しみながら集中してやっています(^^)/

平松

 

 

 

◆ 天蓋の交換と歴史ある建物

2017-04-26

浜松市の快真寺様へ、ご依頼を受けた天蓋の取替えに伺ってきました。

今回のものはLEDのため光熱費削減や、電球交換の手間が省けます。

快真寺様の本堂は、徳川時代の中泉御殿(二ノ宮御殿とも呼ばれていた)を移築してきたもので、

もともとは磐田の中泉、二ノ宮あたりにあったものだそうです。

材木は、太く立派なもので抜群の材を使っていますネ。

しかも、虹梁など彫刻も深く掘ってあり丁寧に造られたことがわかります。

ビックリしたことが、遊び心です。

下から見上げた軒廻りの化粧垂木ですが、

間隔がいろいろなのです。

ただし、よく見ていくとシッカリ配列繰り返しされており、

ねらってこのようにしていることが伺えます。

隅の尾垂木からも感じられます。↑↑

屋根は起くり(むくり)屋根になっており、

軒の照り(てり=反り)と合わせて優しい屋根を表現しています(^^)/

文化財の建物ではありませんが、文化財級の価値のある建物です。

これからも大切に保存していってほしいなと感じました。

このような保存価値のある建物も、静岡にはたくさんありますので、

天峰としては、ずっとずっと先まで保存していけるよう協力していければなと思っております。

平松

 

 

 

◆ 揚屋(あげや)工事中

2017-04-25

豊橋市の聖眼寺様本堂は、現在宙に浮いています…ではなく、

業者さんによって、本堂建物の揚屋工事が行われています。

シロアリ被害でボソボソの土台の入れ替えを行いながら、

デコボコになっていた床の不陸調整を同時施工しています。

持ち上げるために固定する柱には幾重にも鉄骨が留められ、

慎重に作業してくれています。

新規のヒノキ土台は、天竜産の油っ気が強い桧ですので水気に強いですし、

匂いも強く防虫効果はバツグンです!!

土台入替えは、息を合わせ声を掛け合いながら慎重に施工しています。

平松

 

 

 

 

 

◆ 小澤の準優勝祝勝会

2017-04-24

先日、小澤のお祝いということで、

小澤が棟梁として建築を進めている竹林寺様ご住職の声かけにより宴を開いていただきました。

綺麗に額装された賞状やメダルは、グッと重みが出て立派ですね!

小澤について竹林寺様本堂新築に携わっている武田は、

本堂の軒巴瓦を切り取った瓦に揮ごうしたものをいただきました。

『 一期一会 』の言葉をいただき、九州から修業にきて5年目、たくさんのご縁に感謝ですね。

 

小澤のグランプリ競技会準優勝から、いろいろなところで波紋を広げ驚きです。

お祝いしてくださる方がたに感謝をしながら、

技術・技能でお返しをしていければとあらためて思うところです。

天峰を選んでくださるすべての方々に、

より良いものを提供できるよう精進してまいります。

平松

 

 

 

 

◆ 本堂建て方の様子

2017-04-21

磐田市の全海寺様本堂の建て方の様子です。

佐野棟梁のもと、抜群のチームワークで順調に進んでいます!

大きな掛け声と、お互いの思いやり。

このような大きな物件では、息を合わせて作業を進めます。

 

桁まわりまでガッチリ組みあがり(化粧隅木は仮設置)、

本堂回廊部分の下屋屋根を先行して進めています。

既存位牌堂を耐震工事して新築部と合体なので、

取り合い部をしっかり納めていきます。

足固めでガッチリ固まった柱は、巨大地震でも大丈夫です!

強固な骨格で、数百年先を見据えたつくりです。

上棟まであと約2週間、集中して頑張っていきます!

監督・澤元

 

 

 

 

 

◆ 今週末のイベント告知

2017-04-20

 

今週末のイベント告知です。

『 暮らしの森 つなぐ マルシェ 』

掛川市萩間の 「 さくら咲く学校 」(旧原泉小学校)を会場に、

カワイ材木さんが主催で、『 暮らし 』や『 食 』、『 森や樹 』をテーマにした体験型イベントです(^^)/

ワークショップや催し物、出店が盛りたくさんで

子供からお年寄りまで大満足の1日になること間違いナシですよ!!

大工仲間の工務店もイベントを盛り上げてれています(^^)/

お時間都合つけて、是非!!

 

 

 

平松

 

 

 

◆ D I Y 用に材木の端材はいかが?

2017-04-19

材木の『 端材 』

ブログでは数回紹介しておりますが、

大工用語でいう『 コッパ 』

いわゆる端材が、常にたくさんあります。

冬季は、「 暖炉に使用する 」と言ってもらっていく方がちょくちょくいます。

「 D I Y で何か作る。」と言ってもらいに来る方もたまにいますが、

私が言うのもなんですが、

いいもの結構ありますよ(^^)/

ひと声かけていただければ、ゴソゴソ選んで、好きなだけ持っていっていいですよ(笑)

平松携帯へでもお気軽に 090-4861-8362

 

 

 

 

◆ 不動堂改修工事中

2017-04-18

掛川市の華厳院様では、山門横の不動堂屋根替え改修工事を行っております。

屋根を主として、だいぶ傷みがひどかったため

建て替えや改修を含めた検討をしてきまして、

丁寧に改修する方向で工事を行うこととなりました。

瓦はすべて葺き直し、宝珠露盤や鬼瓦も含めて新規で製作しています。

お堂正面のみ ほとんど手を付けず、古い趣を残していきます。

杉の羽目板は、天峰在庫の中から特に赤身の強い天竜杉を厚めで使用し、

表面をツルツルにカンナ仕上げをすることで雨水が滑り、木に吸い込むのを防いでくれます。

軒下の現在キズリ板の部分は漆喰が塗られ、

お堂の雰囲気をさらに良くしてくれますよ(^^)/

完成までもう少し。

最後までキッチリ工事していきます!

平松

 

 

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (17)