新着・今後の活動・心ゆたかに

bar

◆ 供養塔の曳き屋工事

2017-06-19

天峰では、このような工事も承っております。

お墓や供養塔の移設、お堂の移設も行いますよ!!

条件はありますが、いろいろなものを曳き屋することが可能です。

作り替えるにはもったいないものや、

場所的に移動したいものなどありましたらひと声おかけください。

上の写真は、先日供養塔を移動した時の写真です。

平松

 

 

 

 

◆ サマースクールのご案内

2017-06-17

 

子供たちの夏休みイベントとしてご検討ください(^^)/

8月21日(月)~23日(水)の二泊三日で、

楽しみながらも『 禅 』を学び、

みんなと共に生活する修行体験です。

牧之原の静岡空港隣にある 石雲院様を会場に開催されているサマースクールで、

毎年、天峰からもお手伝いに行かせてもらっており、

子供たちの楽しむ笑顔を見て、こちらが癒されるという楽しい時間をいただいております。

天峰でも申込用紙を置いてますので、

ご希望の方は是非声を掛けてください。

子供の成長をグッと感じられる二泊三日のはずですよ!(^^)!

平松

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ 世界一大きい般若心経の表装工事

2017-06-16

龍雲寺様では、位牌堂の壁面に張る般若心経の表装工事が始まっています。

京都から、専門の和紙張り職人さんが10日間泊まり込みでの施工予定です。

世界一大きな般若心経なので、職人さんも気合が入っていますよ!

表装工事中の湿度をある程度一定に保ちたいため、

部屋内の空調工事を先行し、動力のエアコン4台を稼動できる状態にしておきました。

和紙は、湿度や温度によって動きがあります。

今回の巨大和紙の場合、動く量も相当量のため、動きに対応した4層での重ね張りです!

時間をかけて、ジックリ丁寧に施工してくれています。

金澤翔子さんも施工状況を観察しに来てくれるそうで楽しみです!(^^)!

金澤翔子さんの紹介U-tebeです↓↓↓

https://youtu.be/roAs-mr1_94

工事が進んでいくのが楽しみです♪

平松

 

 

 

◆ 静岡新聞に体験会の記事が載りました

2017-06-15

本日6月15日付の静岡新聞朝刊に

先週10日(土)に開催された龍雲寺様でのイベントの様子が掲載されました。

翌週の木曜に記事が載ることもあるんですね~。ビックリしました。

このイベントでは、子供たちはもちろん親御さんも本当に喜んでくださり、

とてもやりがいのあるイベントでした♪

このように新聞にも掲載されるとうれしいですね~(^^)/

平松

 

 

 

 

◆ 大工さん体験の様子が中日新聞に

2017-06-14

 

今日6月14日付の中日新聞朝刊に、

龍雲寺様で開催した大工さん体験の様子が載りました。

また、機会があればこのようなイベントを企画していきたいと思います!(^^)!

そして、同じく今日の朝刊内には、瓦葺き工事でお世話になっている『 瓦粋 』の塚本さんが特集されていました。

寝ても覚めても瓦のことを本気で考えている塚本さんは、

次世代への瓦の継承はもちろん、瓦の良さを知ってもらおうと生活の中に解け込めるコップを開発したそうです。

ご贈答などにいかがですか?

平松

 

 

 

 

◆ 瓦桟施工中

2017-06-13

梅雨入りしましたが、晴天が続く現場では瓦やさんが屋根工事を進めてくれています。

聖眼寺様本堂屋根替え工事では、瓦桟を手際よく施工しており、順調に作業が進んでいます。

屋根作業にとっては、雨が少ないことがとてもありがたいですね(^^)/

平松

 

 

◆ 龍雲寺様で、大工さん職人さん体験会

2017-06-12

6月10日(土)は、浜松市入野町の龍雲寺様で、

建設中見学と『 大工さん体験 』を兼ねたイベントをお行いました。

事前に、応募登録された65人の子供たちと親御さんが、

建設中の涅槃堂に集まり、いろいろな大工体験や職人体験をしていただきました。

100帖の大広間は、建設中から大活躍でした(笑)

みんな必死に作った本立て!

のこぎりで切って、釘を打って!

 

組み上がったら、色を塗ったり、シールを貼ったり♪

そして、約1カ月後の七夕にむけて、短冊を自分で削って作りました。

 

 

 

 

 

 

丸太切り体験では、初めて持つのこぎりで、丸太を切ったよ!

 

釘打ち体験は、五寸釘(約15センチ)の鉄くぎを、時間が掛かっても自分の力で打ち込んだぞ!

大工体験以外にも、協力業者さんの『塗り壁体験』では、

左官仕事にチャレンジ!

左官屋さんもビックリするほど器用に塗る子もいたね(^^)/

 

 

木工屋さんとは、木のこまづくりをして、綺麗に色を塗ったり模様を描いたりして、

最後にはこまを回して遊びました。

 

 

 

たくさんの笑顔が見れたイベントで、大盛況でした!(^^)!

参加した子供たちにたくさんパワーをもらいましたので、

今日からまたハリキッテ仕事したいと思います!!

龍雲寺様、いろいろとありがとうございました。

涅槃堂完成までは、まだ工事が続きますがよろしくお願いいたします。

平松

 

 

 

 

◆ 竹林寺様新築工事の状況

2017-06-09

竹林寺様本堂新築工事では、基壇の敷瓦張りが始まりました。

四半張りといって、斜め45度に並べていくため、割りなども丁寧におこなっています。

広い基壇での敷瓦は、張り終えた時の本堂とのバランスがとても良いです。

美しい基壇に囲まれた本堂は、更に美しく見えるので完成が待ちどおしいです。

内部仕上工事は、位牌堂やトイレが徐々に仕上がってきています。

監督・澤元

 

 

 

◆ 職人体験用の準備

2017-06-08

うちわ。ではありませんよ~。

これは左官体験に使う『 コテ板 』です。

今週末に龍雲寺様で開催されるイベント

「 職人さん体験 」で使う道具をちょこちょこ製作しています。

対象が幼稚園児から中学生のため、

左官さんと相談して、簡単に持てるうちわ型のコテ板を作ってみました。

もちろん、一般的なコテ板も作りましたヨ(^^)/

電話での応募予約開始から30分で定員に達したほどですので

期待度『大』で来られるんだろうなと、だいぶプレッシャーです(笑)

「 大人になったら大工になりたい!!」って子がたくさん増えるよう楽しみながら頑張りたいと思います!

平松

 

 

 

◆ 三和土仕上げ

2017-06-07

 

浜松市の龍雲寺様では、玄関ポーチの仕上げを行いました。

いろいろな仕上げの中で、建物とのバランスやイメージに重きを置き、

検討に検討を重ね、土の味わいが感じられる『 三和土(たたき) 』になりました。

三和土といっても現代風三和土で、しっかり固まってくれるため、

メンテナンスや掃除なども気がねなくいられるものです。

水が溜まらないよう、キッチリ勾配を確認して。

連係プレーで手際よく施工してくれました(^^)/

肝になる最後の水洗いも粗過ぎず、良い感じ♪

やっぱり、土は温かみがありますネ!(^^)!

あとは、ジックリ乾燥を待ちます!

平松