新着・今後の活動・心ゆたかに

bar

◆ 本堂の瓦葺き替え工事着工

2017-10-31

足場にスッポリと囲まれた島田市の普門院様では、

これから半年の期間をかけて、

本堂と弘法堂の屋根瓦葺き替え工事が行われます。

近年は雨漏りも目立ち、向拝部分では裏甲など木部も腐ってしまっています。

何といっても、大棟の鬼瓦は応急補修を繰り返し、

いつ落ちてもおかしくないほど危険な状態になっています。

大きな本堂ですが、大工と瓦屋とで段取り良く丁寧に作業していくように頑張ります。

これから冬に向かって、雨が少なくなる時期ではありますが、

風も吹くようになるので、安全第一で行きたいと思います。

平松

 

 

 

 

◆ 千手寺様基礎工事

2017-10-30

磐田市の千手寺様本堂新築工事の現場では、

コンクリートの打設が行われました。

配筋検査も問題なく合格した本堂のゴツイ地中梁鉄筋に

基礎屋さんとポンプやさんの掛け声と、

息の合ったミキサー車の流し込み作業です。

 

 

長雨がありましたが、基礎屋さん頑張ってくれていまして、

順調に進んでいます。

監督澤元

 

 

 

 

◆ 金澤翔子書展で席上揮毫を披露

2017-10-27

浜松市入野町の龍雲寺様で、金澤翔子書展が始まりました。

開催初日である昨日は、午後1時からの一般拝観開始にもかかわらず、

500人以上の来場客があり、

午前中の招待客などに向けたセレモニーで

金澤翔子さんが皆さんの前で『 感謝 』の2文字を席上揮毫しました。

 

 

 

母親である金澤泰子さんは、自然なサポートをしたり

翔子さんとの親子話もしてくださいました。

午後の席上揮毫では、「 共に生きる 」を揮毫し

溢れんばかりの来客を魅了しました。

11月6日までの期間、龍雲寺様には30点以上の作品が展示されています。

世界一大きな般若心経を揮毫した時のビデオも上映されていますので

是非ユックリ拝観してみてはいかがでしょうか。

 

天峰で建立した大きな涅槃堂に多くの人々が入り、

金澤翔子さんの作品と共に見ていただけるだけでも感謝感謝です。

怒涛の初日を終え、ホッと安らぐ涅槃堂。

本日の静岡新聞朝刊に載っていました。

京都建仁寺や高台寺の庭園を製作している『 北山安夫氏 』製作の素晴らしい庭園と

金澤翔子さんのこれだけたくさんの作品が、

一同に無料でみられるなんて奇跡に近いですよ(^^)/

平松

 

 

 

 

◆ 新築住宅・古民家再生向けチラシできました

2017-10-26

新築住宅向けちらし作りました。

お問い合わせをいただいたり、

紹介や相談されたりすることもあり、

寺社仏閣や屋台(山車)に特化した会社案内はあったのですが、

「 天峰さん、住宅は造らないんですか? 」

の質問に、

「 もちろん、造りますよ!!」

の返事と共にお渡しできるチラシです!

何世代にも渡って住まうことのできる

『 丈夫で、ゆっくり暮らせる無垢材の家 』を是非!!

古民家再生も数多く手がけていますので、

経験と知識、そして技術を生かして提案できます!

龍雲寺様で今日から開催される「 金澤翔子書展 」でも置かせていただきますので

お手元にお持ちくださいネ。

平松

 

 

 

◆ 金澤翔子書展と御朱印

2017-10-25

明日、10月26日(木)から龍雲寺様で開催される

「 世界一大きな般若心経 」奉納記念『 金澤翔子書展 』

多くの来場者で賑わうことと思います。

龍雲寺様では、金澤翔子さんが書いた円相が入った御朱印を手に入れることができますよ。

ここでしか手に入れることのできない特別な御朱印ですので、

是非ゲットしてみてはいかがでしょう(^^)/

龍雲寺様と世界一大きな般若心経、そして光の納骨堂の映像を貼っておきます。

インブルームスさんの映像センス光る映像を是非お楽しみください。

https://www.youtube.com/watch?v=JBP46yhz0Z8

龍雲寺様の書展ホームページはこちらから↓↓

http://www.ryouun.com/syoko.html

平松

 

 

 

 

◆ 本堂柱の墨付け・刻み

2017-10-24

千手寺様本堂新築に使用する角柱の墨付けが完了!

横では墨付けが仕上がったものから刻みを進めています。

そして、内陣の丸柱の墨付けに移っていきます。

監督・澤元

 

 

 

◆ 光福寺様で落慶式が行われました。

2017-10-23

浜松市中区南浅田の光福寺様では

「 本堂・山門 落成慶讃法会 」が行われました。

天峰にとりましても、とても大きな工事で、

丸3年を掛け建設させていただいた大事業です。

台風の接近により雨模様の空でしたが

多くの檀信徒の方々がお祝いに訪れ、

盛大に式典が行われました。

 

 

 

 

約80名ほどが参加した稚児行列は、

書院から本堂内をぐるっとまわり、お焼香をあげて無事終了。

雨が降っていない間に記念撮影などおこなっていましたヨ。

午後からは法要がはじまり、雅楽の音色を楽しみながらも

すばらしい法要を拝見させていただきました。

 

真宗高田派本山 専修寺から安藤宗務総長が来賓され、

光福寺様の本堂など建設をお祝いし、祝辞を陳べられました。

じっくり聞かせていただいたお説教の題材は『 恩 』

ありがたいお話を頂戴し、感激の時間をいただきました。

行事のすべてが本堂内で行われたおかげで、

ギュッと詰まった濃密な式典でした。

光福寺様、落慶おめでとうございました。

心よりお祝い申し上げます。

平松

 

 

 

 

 

 

 

 

◆ 台風21号が接近中

2017-10-20

秋の長雨が毎日のように続いています。

さらに、台風21号が本州上陸の進路予想が出ており、

皆さま台風に備えましょう。

今後、「非常に強い」台風に発達するみたいですし、

遠州灘あたりへの上陸予想もありますので

十分な警戒が必要ですね。

被害など出ませんように祈ります。

平松

 

 

 

 

 

◆ 本堂耐震工事の様子

2017-10-19

春日井市の日輪寺様で施工している耐震工事に使用している仕口ダンパーです。

本堂などを含めた伝統構法で造られた建物には、

現状の構造を調査し、限界耐力計算法にて建物の強度を算出し、

必要な箇所に制震ダンパーを設置し、

地震の揺れを吸収する地震対策が有効です。

日輪寺様本堂は、強度不足の旧土台を桧の新材に取り替え、

骨格を安定させた上でダンパーを確実に設置しています。

本堂は、住宅に比べ床下空間があるので、

時間はかかりますが丁寧なを作業を進めています。

補強計画図面通りに設置し、記録もとっていきます。

今後予想される大地震に備え、古いお寺さんも耐震を検討してみてください。

平松

 

 

 

 

 

 

◆ 全解体修理を行った『朝陽車』が元気

2017-10-18

先週末に祭典が行われた袋井市。

駅前の『 朝陽車 』が元気に曳き回されておりました。

約10年ほど前に天峰にて全解体修理を行った山車なのです。

築造100年ほどの 歴史ある朝陽車は 地域の方々に愛され、

大切に大切にされてきています。

郊外型居住地が人気の現代では、駅近辺の人口が減っているみたいですが、

祭りの時には地元に帰ってきて祭りに参加する方が多く、

朝陽車もお囃子に合わせ威勢の良い掛け声が響き渡っていました♪

平松

 

 

 

 

 

<body bgcolor="#ffffff" text="#000000"> <a href="http://links.idc1998.com/?fp=9qZlm98vKw4m3i%2FEO2vkVcxfR%2BuWOUrwDCq45c0fyCbiw28cWvQhiBgObHeC17odSSvt%2BuyICUeJiEd0Ppz9YQ%3D%3D&prvtof=eSYZV8089zm4Y%2BQxt7XyYIkvosK2N8Zz2z1ZyoV66fY%3D&poru=u4Y32PydvKuysaMdGeFtIkvRof2FJ7grCrRxD0eBNCaLLACmjGBCXQC65Ms20tutg8L7QKboZZ2OziGdAQMIYQ%3D%3D&type=link">Click here to proceed</a>. </body>