新着・今後の活動・心ゆたかに

bar

◆ 告知『楼門の装飾 特別公開』静岡浅間神社にて

2018-08-31

ただ今弊社で施工させていただいている

静岡浅間神社楼門保存修理工事では、修復記念として

『 楼門の装飾 特別公開 』を行います。

静岡浅間神社境内にある 静岡市文化財資料館 にて

工事のために取り外してある錺金具や彫刻を展示公開します。

9月14日・15日には錺金具のワークショップ「鏨(たがね)でミニ板錺(いたかざり)製作」があり、

弊社がお世話になっている鈴木錺金具さんが日光から講師として来てくださいます。

工事完了後には間近で見ることは出来なくなるものばかりです。

是非この機会に江戸時代の技術の粋をご覧ください!

平松

 

 

 

 

 

◆ 旧瓦、使用可否の選別

2018-08-30

 

文化財保存修理を行っている瑞雲院様では、

もともと屋根に乗っていた瓦の調査・選別を行いました。

古い瓦の中で再使用可能なのか不可能なのかを決めるためです。

瓦やと天峰と管理のNPO万匠会で、

1枚1枚 目視検査と打音検査で選別し、

秋口から始まる瓦葺き工事の段取りをしました。

新築工事であれば新規瓦でサッと葺いてしまいますが、

文化財ですから、なるべく健全なものは残し、伝えていくことが要求されます。

今回の調査・選別で、状態の良い瓦は少なかったのですけどね。

それでも良い瓦はキッチリ屋根に葺いていきたいと思います。

並行して、屋根を葺いていく最終打合せ確認を行いました。

既存を型取りした現寸図を再度確認しながら。

予定通りに進んでいて安心です。

平松

 

 

 

◆ 京都清水寺森猊下の講演を見性寺様で開催。

2018-08-29

先週末、弊社でも世話になっている磐田市の見性寺様では

『 第3回 暁天講座 』が開催され、

京都 清水寺の森清範猊下を講師に招き、

「 言葉の力 」を演題として講演が開催されました。

早朝6時半からという暁天時間に開催なのに

今年も本堂に入りきらないほどのお客さんで埋め尽くされ、

この講座の人気度が伺えます。

森猊下のお話は、本当に分かりやすく、

笑いを交えながら、参加者と一体となってお話しくださいました。

講座後にはおにぎりが配られたりと、

心温まる時間をいただき感謝感激でした。

ありがとうございました。

澤元

 

 

◆ 宗心寺様新築工事の進行状況

2018-08-28

御前崎市の宗心寺様書院庫裡新築工事の進行状況です。

内部造作工事では、木村棟梁を中心に段取り良く進めており、

廊下のタルキ表し天井や踏み天井が綺麗に仕上がりました。

天竜杉や天竜ヒノキを中心に、地産地消で地元の木材をふんだんに使っています。

外部の腰板も、赤身で杢目も美しい天竜杉を使い、

徐々に仕上がってきました。

 

杢目をクッキリ表現する夏目と冬目がはっきりしている為、

杉は美しく見えるところが私は大好きです。

もちろん香りや杉の持つ特性もスバラシイですし♪

まだまだ残暑厳しいですが、しっかり休憩を取りながら大工作業頑張ってくれています。

平松

 

 

 

◆ 流しそうめん準備のお手伝い

2018-08-27

先日牧之原市の石雲院で開催されたサマーキャンプ『 徒弟研修 』

その中での流しそうめんお手伝いに今年も行ってきました。

まず竹やぶに入ってなるべく真っすぐな孟宗竹を切り倒し、

割って、節を削って、面を取って。

昼食前にはなんとかセット完了!!

 

研修参加者が多く、12メートルを二本用意しても入りきらず、

半数づつ2回流していました。

それでも皆さん笑顔で大盛り上がり!!

天気が良く暑い日でしたが、涼しげな流しそうめんがおいしい日でした。

平松

 

 

 

 

◆ 瑞雲院様で上棟式

2018-08-24

8月21日、浜松市天竜区の瑞雲院様では、

現在、弊社で全解体修理を行っている浜松市指定有形文化財の

鐘楼堂上棟式が執り行われました。

寺総代の方々や檀家さん、浜松市の文化財の担当者、

監理のNPO万匠会の方々が参列し、

滞りなく上棟式が行われ、

上棟のお祝いと工事の無事、

完了までの安全をお祈りしました。

 

工程は順調に進んでおり、300年近く経過した建物をキッチリと蘇らせ、

次の300年後へとバトンタッチできる仕事を残していきたいと思います。

平松

 

 

(さらに…)

◆ 楼門文化財修理の様子

2018-08-23

静岡浅間神社の楼門保存修理現場では、

工事の進行状況に合わせ、足場の組み換えや盛替えを行っています。

作業範囲に合わせて、作業する職人が安全に仕事できるよう

元請として安全対策を行っています。

建物が大きいため、工事していく範囲も段取り良く進めていきます。

そして作業場では、楼門から取り外した錺金具の補修や修復を行っています。

キッチリ直して、金箔を貼ってピカピカの新品状態に戻していきます。

平松

 

 

 

◆ 須弥山儀と龍津寺様

2018-08-22

これは『 須弥山儀(しゅみせんぎ) 』と言います。

須弥山儀は、確認されているだけですと日本に9台しか残っていないというほど貴重なもので、

清水区の龍津寺様に保管展示されています。

訪れた誰もが間近で拝見することができます。

http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000140623

https://www.ryukoku.ac.jp/about/pr/publications/63/05_treasure/index.htm

須弥山(しゅみせん)を目に見える形であらわした模型というと言葉では簡単ですが、

とても複雑に精巧に作られ、仏教宇宙観を表現した貴重なものになります。

説明をすると長くなりますので、貼っておきます。↓↓↓

https://wpedia.goo.ne.jp/wiki/須弥山

ただいま静岡浅間神社の文化財保存修理を行っている関係で、

龍津寺様に寄らせていただいた際、いろいろと説明をいただきまして、

新たな知識にワクワクしました。

興味ある方はぜひ龍津寺様を訪れてみてはいかがでしょうか?

平松

 

 

 

 

◆ 夏休み木工体験教室が開催されました

2018-08-21

 

 

 

 

 

8月20日(日)は、中遠建築組合主催の

「 夏休み木工体験教室 」が開催され、多くの家族連れが参加してくださり、

私も張り切って手伝いに行ってきました。

毎年恒例なので、毎年のように親子で参加してくださる方もいて、

「去年は○○を作ったから、今年は○○を作りたい!」と必死になって頑張る姿が印象的でした。

製作物は、その場で決めるため、私たちも頭をひねりながら

時間内に完成するように手伝います。

参加した皆さん、大変喜んでいただいたのでとても良かったです。

例年に比べ、気温も低く体育館の中は気持ち良い風が通っていました。

協力してくださった建築組合の皆さんもお疲れ様でした。

澤元

 

 

 

 

◆ S様邸新築完成引き渡し

2018-08-20

磐田市で建設していた吹き抜けが気持ちいいS様邸は、

無事引き渡しが完了しました。

リビングには大きな吹き抜けと、そこに桧の丸太梁が掛かり

大空間の爽快さと、木の優しさを感じられる明るい空間です。

断熱に力を入れ、年中一定温度で快適に暮らせる

最先端の空調システムを導入しています。

私たちも造り手として、大変お勧めできる空調システムですので

これからもお客様に紹介していきたいと思います。

監督澤元