新着・今後の活動・心ゆたかに

bar

◆ 桧の香りと墨付け

2018-10-31

大工村作業場では、静岡市の瑞龍寺様位牌堂に使用する虹梁の墨付け中です。

天峰倉庫から出し、挽き直したデッカイ桧材をたくさん使用し、

ガッチリ組む構造になっています。

これから虹梁の刻み~彫刻に移っていきます。

ヒノキの香りに癒されながらの仕事は贅沢に感じています♪

平松

 

 

 

 

 

◆ 大通院様では折り上げ格天井の刻み中

2018-10-30

浜松市の大通院様本堂新築工事の様子です。

佐野棟梁が折り上げ格天井の墨付け刻みをしていまして、

順調に工事が進んでいます。

 

大きな折り上げ天井なので、亀の尾という使用部材も数が多くて加工に時間が掛かりました。

壁飾りの火灯窓も設置完了し、これから左官屋さんが外回りから順次塗っていってくれます。

屋根の銅板の色も落ち着いてきまして良い雰囲気です。

監督澤元

 

 

 

 

◆ 技能五輪全国大会への抱負を市長へ

2018-10-29

10月27日付の静岡新聞朝刊に

天峰若手ホープの葛城ケイタが掲載されました。

来月11月2日~5日の日程で開催される『 技能五輪全国大会 』に

建築大工部門、静岡県代表で出場するので

大会への抱負を磐田市の渡辺市長へ伝えてきました。

昨年、第29回技能グランプリ大会で銀賞を受賞した小澤のもとで、

日々厳しい修業をしながら大会に向け日々練習に励んでいます。

天峰みんなで見守り、応援したいと思います。

平松

 

 

 

◆ 瑞龍寺様で工事着工

2018-10-26

静岡市の瑞龍寺様では、耐震改修工事が着工しました。

まずは、工事車両などの搬入路を確保するため

塀を撤去し、仮設路の確保からです。

瑞龍寺様では、裏山を背負っており崖条例で新築ができません。

今ある建物をいかに後世まで繋げるかが必要とされるため、

本堂を含めた既存の伽藍を耐震補強や修理改善工事など全面改修に入ります。

長期での工事ですのでご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願いいたします。

平松

 

 

 

 

◆ 床の改修工事

2018-10-25

E寺様では、本堂内陣と位牌堂前廊下の床の改修工事が始まりました。

下の写真を見ていただくとお分かりいただけますが、

一部床板をカットしてみましたら、

ブカブカになり層がめくれてしまっていました。

ベニヤの床板を使うと長持ちしません。

 

床下からの湿気も原因ではあるのですが、

やはりムク板を使うことをお勧めします!!

今回の改修では、長持ちするしっかりした仕事をしていきます。

平松

 

 

 

 

◆ 鐘楼部材の修復製作

2018-10-24

浜松市天竜区の瑞雲院様鐘楼保存修理工事は、

浜松市の有形指定文化財であるため、

修理の際は、同種材の使用が条件です。

現在は、上層の浜縁や欄干まわりの部材を加藤棟梁が作業場にて製作しております。

風化が激しく、交換の必要がある部材を丁寧に刻んでいます。

 

細かい部品や特殊な部品が多いのでキッチリ造っていきます。

平松

 

 

 

◆ 匠公開講座と手道具体験

2018-10-23

 

先週末に静岡文化芸術大学で開催された

匠公開講座『 匠とデザイン 』が行われたので参加させていただきました。

午前中の講演会には、東京大学名誉教授でもある藤井先生が講師で

日本の建築の歴史から建築様式のこだわりや要点など

分かりやすく説明いただきとても勉強になりました。

午後は公開ワークショップが行われ、

昔の手道具を使うという珍しい体験会がありました。

鉞(まさかり=斧(よき。おのとも呼ぶ))、手斧(ちょうな)、

槍鉋(やりがんな)、台鉋(だいがんな)。

などが準備され、講師の大工が見本と説明をし、

 

急遽、私と増田も講師としてお願いされ、

見本を見せたり、指導したりして参加者の対応をしました。

 

そのつもりで参加していなかったので驚きましたが、

工業高校の生徒たちや大学生、一般の方まで多くの方が体験に参加しており、

安全確認などの面で私たちも出来る限り指導しました。

 

 

皆さん興味津々に貴重な機会を楽しんでおりました。

藤井先生も昔の大工仕事や道具について解説をしてくださり、

私たちにとっても勉強になる貴重な機会でした。

平松

 

 

 

◆ 竹林寺様で落慶式

2018-10-22

 

 

 

10月20日㈯、浜松市の竹林寺様では

快晴の空の下、本堂・位牌堂・書院新築工事の落慶式が執り行われました。

多くのお稚児さんが行列に参加し、賑やかな式典となりました。

 

 

 

広い本堂に住職の読経が響き渡り、厳かに式典が行われました。

法要後は、天峰で用意した模擬店の焼きそばや焼き鳥を振る舞い、

賑やかしに花を添えさせていただきました。

約5年に及ぶ建設工事でしたが、ぶじにこの良き日を迎えられたことに

心よりお祝い申し上げます。

今後ともメンテナンス含め末長くよろしくお願いいたします。

監督澤元

 

 

 

 

◆ 宗心寺様新築の左官工事

2018-10-19

御前崎市の宗心寺様書院庫裡新築工事では、

各業者さんが仕上げ工事に入ってくれています。

外部は、漆喰仕上げが終わり、綺麗な白壁が出来上がりました。

 

 

左官屋さんは内部の下塗りから中塗りを行っており、

来週にかけて仕上げ塗りを行っていきます。

いつも丁寧な施工ありがとうございます。

平松

 

 

 

◆ 蔵福寺様本堂の進行状況

2018-10-18

神奈川県伊勢原市の蔵福寺様本堂新築工事では、

銅板やさんが本堂北面から順調に葺いてきています。

南面も、引き続き進めてくれており、

銅板屋根の全景が少しずつ見えてきました。

内部の造作工事も順調に進んでおり、

ただいま内法を順番に取り付けながら、

漆喰壁下地の木摺り板を施工しています。

 

だいぶ涼しくなり、仕事がし易い気候ですが、

日が短くなり、暗くなるのが早いのが困っちゃいます。

蛍光灯を付けて大工衆は頑張ってくれています!

澤元