新着・今後の活動・心ゆたかに

bar

◆ 六角堂新築の様子

2019-09-30

神奈川県平塚市の神田寺様で新築工事中の六角堂は、

銅板屋根が順調に葺き終わり、

漆喰壁が仕上がりました。

現在建具を製作しております。

完成まで段取り良く進めていくようにします。

澤元

 

 

 

 

 

◆ ポンプ車大活躍のコンクリート打設

2019-09-27

聖眼寺様現場作業では、基礎のコンクリート打設を行いました。

山門をミキサー車がくぐれないため

ポンプ車を境内内に設置し、そこからアームやポンプ管を連結し基礎場所までつないでもらいました。

 

 

さすが!ポンプの職人さん!って感じでした。

コンクリート打設は、いつも感心するナイス連携!で手際よく作業していただきました。

平松

 

 

 

 

◆ 破風の刻みと手刻みの魅力

2019-09-26

湖西市の岩松寺様山門新築の刻みは

大破風の加工を行っております。

型板通りに墨付けし、丁寧に刻んで、鉋にて仕上げています。

手道具が数種類必要なので曲がりものや反り物が多い寺社建築では

特殊な形状の鉋やノミなどの手道具を駆使して作業します。

現代の住宅のようなプレカットに頼る建築にはない『 魅力 』がそこにはあります!!

平松

 

 

 

◆ 斗栱仮組みと建て方準備

2019-09-25

聖眼寺様太子堂新築の斗栱まわりを仮組みしました。

斗や肘木など部材が多いため確認を行いました。

予定通りバッチリだったため、来月中旬の建て方は順調に進むこと間違いなしです!

平松

 

 

 

◆ 蔵福寺様で本堂完成

2019-09-24

神奈川県伊勢原市で建築工事を行っていた蔵福寺様では、

外構工事まで完了し、今秋引き渡しを行います。

先日の竣工検査日は快晴の秋空で、本堂も喜んでいるようでした。

葺いたときはギラギラしていた銅板屋根も、

落ち着いた銅色になり、落ち着いたたたずまいになりました。

着工から丸2年の長期に渡る工事で、ご不便だったと思いますが、

お待たせいたしました。

これから数百年と安心して使っていただける本堂です。

新築後の今は、ヒノキや杉の香りを楽しんでいただきたいと思います。

今後ともメンテナンス含め末永くよろしくお願い足します。

澤元

 

 

 

◆ 楼門の彩色工事

2019-09-20

静岡浅間神社様楼門彩色工事の様子です。

楼門より一旦取り外した欄間彫刻の彩色は、

紫外線や風雨の当たり方によっても劣化状況が違うため、

監理の(一財)文建協様と一つ一つ詳細調査をし、

神社様と協議の上、決定した内容にて修復作業を進めています。

過去の報告書や資料を参考に少しずつですが丁寧にお仕事しています。

平松

 

 

 

 

 

 

◆ 楼門の赤漆塗り仕上げが順調です。

2019-09-19

静岡浅間神社様楼門保存修理工事の様子です。

上層の斗栱まわりの仕上げ漆塗りが進んでいます。

広角のカメラで撮ると見事ですね!!

日本産漆100%の仕上がりは素晴らしく

ツヤツヤの赤漆が美しく輝いています。

着工前とは見違えて美しく、早く完成お披露目するのが待ち遠しいです。

順次工事を進めていき、完成までにはまだ1年以上あるので

文化財主任の増田がキッチリ監理しながら後世に繋ぐ文化財工事に集中します。

平松

 

 

 

◆ 屋根の骨格が神ワザ的仕上げ

2019-09-18

軒庇を製作しているT寺様では、神ワザ大工仕事が仕上がっています。

角を曲がる屋根部分は高度な大工技術が必要です。

下から見上げた写真です。

本職の大工でないと分かりづらいかもしれませんが、

山隅、谷隅、配付け垂木、桁、母屋が組み合わされた複雑な難所です。

本目棟梁はキッチリぴったり合わせ、

どこから見ても隙間の無い美しい仕上がりを造り上げました。

繊細に組まれた芸術作品のようです。

天井を貼らず、すべてが化粧で表しのため

完成した折には、是非見上げていただきたいものです!

平松

 

 

 

 

◆ 普門寺様新築工事は瓦も順調です

2019-09-17

浜松市の普門寺様書院庫裡新築工事では、

屋根工事が順調に進んでおり、

平板瓦を一枚一枚しっかり固定して施工してくれています。

朝晩は秋らしくなってきてますが、

昼間は真夏並みの暑さで参ってしまいます。

まだまだこの時期でも熱中症には注意しながら仕事しています。

監督澤元

 

 

◆ 太子堂基礎工事着工

2019-09-16

豊橋市の聖眼寺様では、地鎮式後から基礎工事が着工しております。

外部を取り囲む既存の自然石は極力触らないよう、保存していくようにしています。

ベタ基礎にてガッチリした基礎を計画し

太子堂が大地震でもビクともしないように施工していきます。

平松