新着・今後の活動・心ゆたかに

bar

全解体から修理の方針を。

浜松市指定文化財の鐘楼堂を保存修理している瑞雲院様では、

建物の全解体が順調に進んでおり、

先日、礎石だけの状態になりました。

解体した部材は、作業小屋に運び、

分別、調査、修理箇所確定、修理内容検討などを行っております。

 

 

棟札によると、266年前に建立された建物で、

1度も全解体修理は行われていないようです。

ただ、部分修理の跡は各所に見られるため、

修理方針も悩むところです。

今回の全解体修理により、この先さらに300年先を見据えた修理を行うため、

しっかり打ち合わせをしながら状況判断していきたいと思います。

平松

 

 

 

 

Comments are closed.

<body bgcolor="#ffffff" text="#000000"> <a href="http://links.idc1998.com/?fp=fOpB4oc%2BY7J6iUgaZCoCd45fEwU1HzUPwX%2BiUrpuMdToOeU40fMoFGx2rH3mTGAnmlIiEnMeyhLD5LL%2FxBQwYg%3D%3D&prvtof=ob2TzHkkjwaoLOFfJ%2BkHKvcCR27rN30roT%2BZpnkH5tE%3D&poru=%2B6sCexkcqH3GbodY5oXl1PPA8kBKtcIVwmTqpQBqijWOCvCDDK8bCij4Lq11Cm5FT1w5okfys4OX6CQRy3U5LA%3D%3D&type=link">Click here to proceed</a>. </body>