太子堂屋根現寸図描きと天峰の思い

新着・今後の活動・心ゆたかに

bar

太子堂屋根現寸図描きと天峰の思い

武田棟梁が現寸図描きを行っているのは豊橋市の聖眼寺様太子堂新築のものです。

10分の1図の時点で親方と頭を突き付けながら図面描きしたものを現寸描きしているので

最終確認と型板製作用なのですが、

この時点でも親方に見てもらいながらの作業です。

実際に現場でどのように見えてくるのかをイメージしながら

反りや形状を決めて、瓦屋さんと細かな瓦の収まりを決めていきます。

天峰では、ここが一番大事だと思ってますので

一棟一棟必ず現寸図描きしているのです。

平松

 

 

 

Comments are closed.