保存修理工事で彩色が甦っています

新着・今後の活動・心ゆたかに

bar

保存修理工事で彩色が甦っています

静岡浅間神社楼門保存修理工事中の彩色工事において

立川流欄間彫刻を奇麗にお化粧直ししています。

過去の保存修理報告に沿って、補彩・補筆や塗り直しを行っており、

少しずつ仕上がってきました。

虎の縞模様や波の荒々しさも奇麗に再現され、力強さが表現されています。

時間をかけて、じっくりしっかり修復作業を進めており、

楼門の保存修理完了となる来年11月には美しい姿で引き渡しできるよう

天峰一丸となって集中して工事を進めていきます。

メディアも注目の文化財工事なのでさらに気を引き締めて頑張ります。

平松

 

 

 

Comments are closed.