新着・今後の活動・心ゆたかに

bar

慎重に墨付け

 

武田棟梁は墨付けをどんどん進めています。

頭の中では完全に建物が出来上がっており、

そのイメージ通りに、建て方で組んでいく順番も考えながら墨付けしていきます。

丸柱に墨(線)をまわして(書いて)いくにはコツが必要で、

丁寧に墨付けしておかないと刻むときに大変なことになってしまいます。

組み物もたくさんあるため浅羽作業場では斗や肘木の加工も進めています。

平松

 

 

 

Comments are closed.