新着・今後の活動・心ゆたかに

bar

本堂原寸図

慈眼寺様本堂の原寸図作成。

コンパネを50帖分広げて本堂屋根を描いていきます。

実際の大きさで確認することで、見え方によるキレイな 『 反り 』を追及することができるため、

天峰では1棟1棟原寸図を描き伽藍にあった建物を追及してます。

雨水が流れるラインの反り『屋弛み』は、糸弛み線で反りを決めるため

このようなクサリを使います。

この時点では、下地用に反りを決めておき、実際現場にて再度クサリで微調整を行います。

そうしますと、このような綺麗なラインが出ます(^o^)  ↓

慈眼寺様本堂の棟梁は、親方の一番弟子の太田です。

「魂込めて作り上げます!!」 と、いつにも増して気合入ってます!

                              平松

Comments are closed.