新着・今後の活動・心ゆたかに

bar

◆ 瓦工事と鬼瓦

2014-10-31

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

浜北区の龍泉寺様檀信徒会館、屋根工事の様子です。

大屋根の平場は葺き終わっており、

破風まわりの仕事を進めてくれています。

それにしても、大きな屋根ですこと!!

瓦屋さん、毎日集中して仕事に向かってくれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんな中、『現代の名工』である 袋井市の鬼秀さんが制作した鬼瓦が到着しましたよ。

口をあけた『 阿(あ)』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

口を閉じた『 吽(うん)』

取り付く場所が大棟ですので、おおよそ地上10メートル上です。

高く、離れた場所からでも見栄えのする鬼面を制作する鬼秀さんは流石です!!

これだけの鬼瓦が乗れば、災いや厄は全部追い払ってくれること間違いなしです(^O^)

平松

 

 

 

◆ 書院基礎工事

2014-10-30

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

浜松市の正光寺様書院新築の基礎工事の様子です。

鉄筋が組み終わり、配筋検査も問題なく合格しましたよ!!

設備屋さんと電気屋さんが先行的に必要なスリーブを入れてくれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

朝晩と日中の気温の差が激しいですが、体調に気をつけて工事を進めていきたいと思います。

建て方までには十分間に合う順調な工程です(^O^)

平松

◆ 職業体験

2014-10-29

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ただ今、天峰では天竜高等学校からインターシップで生徒が二人来ています。

府八幡宮文化財工事の現場に職業体験として入っていますが、

慣れない仕事に、一生懸命取り組んでいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

まだ2年生ということですが、このインターシップで何を感じ、学びとるのか?!

今後の長い人生において、良い通過点となることを願い、

このインターシップ期間を見守っていきたいと思います。

平松

◆ 破風板の刻み

2014-10-28

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

光福寺様本堂の破風を刻んでいます。

この大きな破風板をとるのに、幅90センチ×長7.2メートルの一枚板が必要なんです!

刻んでいる人間も小さく見えますね(^O^)

これでも、本堂に取り付くと大きく見えないのは不思議ですね~。

平松

◆ 文化展行ってきました

2014-10-27

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「遠州横須賀ちっちゃな文化展」行ってきました

毎年のことですが、すごい人出で賑わっていましたよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

城下町の古い町並みと、そこを会場としてたくさんのアーティストの方が出店、展示などされていて、

すごくいい雰囲気でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この建物は、昔は郵便局として使われていたのかな??

鬼瓦の中に、郵便局のマークが入っていました。

そんな発見もありで、のんびりブラブラ散策できました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

天峰のお客さんの山口さんの作品も見学でき、お話もできました。

ゆったりとした時間の中で、心癒された休日でした(^O^)

皆さんも、来年は是非!!

平松

◆ 広報磐田に掲載されました

2014-10-25

 

今月号の広報磐田に弊社社長、澤元教哲が掲載されました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

特集『 働く 』の中で、トップに載っています。

現在、一番若弟子である武田への指導中の写真ですが、

私たち弟子を含め、後継者育成に関しては、本当に熱い親方なんです!

来年度も、火傷しそうに熱い思いを持った新弟子が天峰の門を叩きます。

天峰建設は、日本全国に宮大工として立派に育つ若者がひとりでも多くなるよう望んでいます。

平松

 

 

◆ 秋の味覚

2014-10-24

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

秋の味覚いただきました。ごちそうさまです。

昨日、たまたま用事で寄ったF院様で、

「ちょうど今いただいたとこだから、おすそわけ。」

ってことで、頂いちゃいました。

狙ったかのようなタイミング!?(^O^)

秋はホントに食べ物が美味い!

幸せですね~♫

平松

 

◆ 折り上げ格天井完成

2014-10-23

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

浜松市の正光寺本堂の造作工事では

いよいよ天井が仕上がってきています。

室中(大間)の折り上げ格天井が綺麗に組み終わり、

佐野棟梁も一旦、ホッとひと息です(^O^)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この格天井は、脇ノ間の竿縁天井から続く折り上げなので仕事も特に難しいんです。

寸法を少し狂わせただけで、キッチリ折り上げ部が合いません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

特に技術の差が出る折り上げ隅部と長の間の取り合い部なんて

私もビックリの綺麗な仕上がり!!

気持ち!思い!が仕事に現れています(^O^)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

早く内部足場が取れて、スッキリ全面天井を見たいです!

工事の様子を正光寺様ホームページ内のブログでもアップしていただいております。

http://shokoji.net/9kentiku.html

是非ご覧下さい。

2期工事である位牌堂・書院新築工事も

基礎が着々と出来上がっています!

平松

 

◆ 文化財工事の様子

2014-10-22

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

府八幡宮の文化財工事では、補修も全て決められた形で接いでいきます。

せん断力に強いギザギザ型での板壁接ぎ木は見た目以上に手間のかかる仕事ですよ。

虫食い部を補修しながらも強度を保たせるため、

木栓も見えない部分に入ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

並行して刻んでいる丸柱もほとんど刻み終わりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

古い柱を横に並べて、間違いのないよう刻みます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真でもわかるように腐食と虫被害による損傷が大きいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新しいケヤキ柱は、天峰の長期自然乾燥材ですので、

これでまた400年は十分対応できますね(^O^)

着々と組み上げ準備が整ってきていますよ!

平松

◆ 点検で気づいたこと

2014-10-21

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この度、雨漏り点検を依頼され、業者と確認に行ってビックリしたことがあったので報告します。

(※天峰物件ではないです。築30年弱?)

明かり採りなどに使用されるガラス瓦。

その辺から雨漏りしたとのことで瓦をめくると

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

目を疑うような状態が…。

なんと、防水シートであるルーフィングがパリパリのボロボロ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下地の板が丸見えの状態です。

普段の雨なら1次防水である瓦でも問題ありませんが、

台風や突風などの強風では水の流れが変わり、

内部への水の浸入も免れません。

その水が建物内部への侵入を回避するための2次防水であるルーフィング。

これでは、漏りますよね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

原因としては経年劣化もありますが、紫外線などの影響も大きいと思われます。

ガラス瓦を明かり採りとして使っている建物がある場合、

注意が必要ですし、点検をマメにする必要がありそうですね。

天峰では、お勧めはしていませんし、

もし、お客様の要望で使用した場合でも、

必要以上の防水対策をしています。

今後、点検の際など注意して確認していきたいと思います。

平松

 

 

 

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (26)