新着・今後の活動・心ゆたかに

bar

◆ 本堂瓦工事とツイジ葺き

2017-03-30

浜松市の竹林寺様では、瓦葺き工事が大詰めになってきました。

丁寧に美しく葺かれた瓦は、足場のある今でないと間近では見られないんですが、

足場が取れて迫力のある全景を早く見たい気持ちが湧いてきます♪

隅の鬼が取り付いて、隅棟を順番に葺いています。

 

天峰施工の社寺建築では、棟瓦はすべて『 ツイジ葺き 』という技法を使います。

とくに、反った屋根はラインが綺麗に見え、

大棟など、高く積み上げる熨斗瓦(のしかわら)を重く見せない視覚的特徴もあります。

木の駒を差し込む技術は、熟練の瓦技能士でないとできない技ですよ!

施工ひとつひとつに、時間と手間がかかりますが、

美しく仕上げるための天峰のこだわりでもあります!

平松

 

 

 

 

◆ 雨樋のメンテナンス

2017-03-29

3月も残り3日。

これから急速に春らしく…なる?

なってほしいな♪

この時期からは雨が多くなります。

先日樋掃除にうかがったお寺さんでは、

樋の中に落ち葉が満タンで、樋の機能を果たしていないどころか、

湿気を持つため軒先を傷めます。

あまりにも長期間放置のため腐葉土となり、

草や木の芽が出たりすると重傷です…。

水を含んだ土は重いため、雨樋の損傷や軒先部の損傷にまで発展し

余計な所まで被害が出てしまいます。

機能的には必要な雨樋であっても、

メンテナンス不足により悪影響が出てしまうこともあります。

早め早めの点検や清掃をして、樋にとって良い環境にしてあげましょう!

高い所ですので無理をせず、気軽に天峰に電話くださいネ。

天峰建設 TEL 0538-43-6773

090-4861-8362 平松携帯でもオッケーですよ!

平松

 

 

 

◆ 竹林寺様位牌堂造作工事

2017-03-28

浜松市の竹林寺様位牌堂工事では、

位牌棚上の天井が完成しました。

杉の網代天井は、柾杢が美しい本物だからこその優しい表情です。

ただいま、開山様が安置される部分の造作工事を進めており

その後の天井張り工事で、丸太梁は全て見えなくなってしまいます。

もったいない気もしますが、陰でしっかり支えてくれます。

監督・澤元

 

 

 

 

 

◆ 鬼瓦の設置

2017-03-27

浜松市の龍雲寺様では、現在行っている大庫裡再建工事、建物名称『 涅槃堂 』の鬼瓦設置工事を行いました。

臨済宗妙心寺派の大本山である妙心寺仏殿の鬼瓦をモチーフに、

建物のつくりやサイズ、龍雲寺様らしさを盛り込んだ鬼面です。

『 阿 』『 吽 』両鬼瓦には、建立記念として揮ごうを入れてあります。

確実にガッチリ固定する為、息を合わせながら丁寧に施工してくれました。

傾きなどもキッチリ確認しながら大きな鬼瓦が設置され、

お寺の方や檀家さん方も興味津々に見上げていました(^^)/

瓦工事も順調に進んでおり、あと二週間くらいで屋根が完成します!

これから始まる大棟の施工も丁寧にお願いします。

平松

 

 

 

◆ 3/27朝はラジオK-mixを聞いてくださいね

2017-03-25

来週の月曜日、3月27日は

FMラジオ K-mix静岡の 朝の番組『 モーニングラジラ 』番組内の

マスタートーク AM8:30~に

われらが小澤が「 宮大工マスター 」として出演しますヨ!!

ラジオが聴ける環境の方は是非(^^)/

『 radiko(ラジコ) 』で、スマホやパソコンからラジオが無料拝聴できますよ↓。

http://radiko.jp/#

K-mix静岡のホームページも貼っておきます↓。

http://www.k-mix.co.jp/

平松

 

 

 

 

◆ 竹林寺様本堂の大工工事

2017-03-24

浜松市、竹林寺様本堂新築工事の大工工事は、

天井が施工し終わり、敷居や縁甲板張り工事に移っています。

内陣は、斗栱が出組みとなりその上に小組格天井ですので重厚感と繊細さを併せ持った豪華な天井が出来上がりました。

内陣は、大きな天蓋や幢幡にも対応する為、

折り上げ格天井とし長ノ間も入れた丁寧な仕様となっています。

 

 

小澤は、技能グランプリ大会から一転、

棟梁として使命感を持って現場工事や工程の段取り、各業者の手配・指示、

自らの大工仕事はもちろん、同現場の大工へ指示・管理・指導に集中しています。

現場の大工や弟弟子たちも小澤棟梁に感化され、

仕事への意欲がアップしています。

⇑ 萩本

⇑ 山田

⇑ 武田

現在、この四人体制で完成に向け頑張っています。

監督・澤元

 

 

 

 

◆ 本堂耐震改修工事の様子

2017-03-23

豊橋市の聖眼寺様本堂耐震改修工事の様子です。

外部は足場やバリケード養生に囲まれ、

外部や瓦葺き替え工事準備が整っています。

堂内は、床がはがされ柱に足固めが差さっただけの状態になってきました。

⇑写真の床板部分も改修後は畳になるためすべて撤去します。

今日の彼岸明けを皮切りに、外部や屋根工事も本格的に工事が始まります。

安全に注意して作業していきたいと思います。

平松

 

 

 

◆ 長野で参詣

2017-03-22

先日、長野県の善光寺へ参詣しに行ってきました。

太陽の下ではポカポカと暖かく、

建物はもちろん門前や街並もゆっくり散策でき、

江戸時代に詠まれた『 一生に一度は参れ善光寺 』の言葉を想いながら愉しむことができました。

以前は御開帳の時にしか来たことが無かったのですが、

混み混みしてなくてとっても良かったです。

うって変わって、戸隠神社は…。

まだ雪国。

直線距離ではそこまで離れていないのに、

山道をだいぶ上ったことで、こんなに変わるんですね。

中社でこの状態でしたので、

「 奥社は暖かい時にしよう。」ということにしました(笑)

社寺仏閣詣りがホッコリするのは日本人だからでしょうか!(^^)!

でも、外国人も多かった~。

平松

 

 

 

 

◆ 天井用足場が組まれました。

2017-03-21

 

浜松市の龍雲寺様大庫裡再建工事では、

大広間の天井を製作するため、全面に足場を組みました。

1部屋で100畳の天井、しかも高さが5メートル。

天峰では初めての広さなので、大工たちもワクワクしています(^^)/

竿縁天井が完成した時の空間の壮大さは圧巻でしょうね♪

墨付け刻みから施工まで、高い所なので注意しながら作業したいと思います。

平松

 

 

 

◆ 基礎工事コンクリート打設

2017-03-18

 

磐田市の全海寺様では、本堂基礎工事の立ち上がり部分コンクリート打設を行いました。

昼間は、日に日に暖かくなってきており、工事もはかどります。

工程も順調に進んでおりますので、このまま気を引き締めて進めていきたいと思います。

監督・澤元

 

 

 

 

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (15)