新着・今後の活動・心ゆたかに

bar

◆ 天然乾燥桧の材料出し

2018-09-28

これから墨付け刻みのはじまる物件の材木出しを行いました。

全ての構造材に桧を使うため、長期天然乾燥させた天峰在庫より選りすぐって出しました。

大きなものや長いものまですべての構造材が揃ってしまう天峰在庫はすごい量なんです♪

柱も極上の桧ですべて揃いましたヨ!!

この材料を生かすも殺すも棟梁の腕の見せ所!

来週より墨付けに入っていきます。

平松

 

 

 

◆ 瑞雲院様鐘楼は瓦やさんにバトンタッチ

2018-09-27

 

浜松市天竜区の瑞雲院様鐘楼保存修理工事では、

瓦下地である野地工事が完了し、瓦やさんにバトンタッチしています。

傷みの激しい部材は、調査・検討の結果、新規材に取り替えたり、

埋木、接ぎ木などを施し、強度的に問題ないレベルまで引き上げ、

もとの状態へ復旧していきます。

最近雨が多くて、外仕事ははかどらないのですが、

ここ瑞雲院様では、建物をスッポリ覆う素屋根の中なので

工程に関係なく順調に工事が進んでいます。

平松

 

 

 

◆ 芸術の秋には美術鑑賞を

2018-09-26

幕末狩野派展が静岡県立美術館で開催されています。

ただいま天峰で文化財工事を行っている静岡浅間神社も関わりのある狩野派展です。

10月28日までの開催ですよ。

そして、特別企画として静岡浅間神社と静岡県立美術館のコラボ企画

『 通常非公開の静岡浅間神社天井絵と幕末狩野派店をあわせて鑑賞しよう!』

お申し込みは↓

 

コラボ企画の参加は、残るは10月8日です。

是非、芸術の秋に浸ってみてください。

平松

 

 

 

 

 

◆ 保存修理工事の様子

2018-09-25

 

静岡浅間神社楼門保存修理工事では

古い漆塗膜を全て搔き落としたあと、

生漆で木地固めをしまして、

並行して木部に入っている割れ(亀裂)を刻苧にて埋めています。

地道で時間のかかる作業ですが、一つ一つ丁寧に施工しています。

平松

◆ 千手寺様本堂は仕上げ工事に移り始めました

2018-09-24

磐田市の千手寺様本堂新築工事では

左官屋さんがシックイ仕上げを進めてくれています。

大工工事も大詰めとなってきまして、

仕上げ業者さんが中心となってきます。

足場ももうすぐ取れるため堂々とした全景が見られるが楽しみです。

完成に向けてキッチリ工事していきます。

監督澤元

 

 

 

◆ 保泉寺様護摩堂完成いたしました

2018-09-21

浜松市西区篠原町で新築していた保泉寺様護摩堂が完成しました。

工事中は長期間にわたりお世話になりました。

次回『 保泉寺火まつり 』では、新しくなった護摩堂で盛大に行われることを祈念いたしております。

これからも末長くメンテナンス含めよろしくお願いいたします。

監督澤元

 

 

 

 

◆ 秋祭りシーズン突入ですね

2018-09-20

 

遠州地域では、日坂の事任八幡宮(ことのままはちまんぐう)例祭と掛川市横須賀の三熊の神社ちいねりを皮切りに秋祭りシーズン突入ですね。

天峰では、今までに築造した屋台や山車、修理を手掛けた山車など

点検なども終え、無事に祭典を思い切り楽しんでいただけるよう確認しました。

地域の繋がりとして、これからの時代さらに大事にしていきたいですね。

写真は16日の事任八幡宮例祭の神事の様子です。

平松

 

 

 

◆ 告知 遠州横須賀街道ちっちゃな文化展

2018-09-19

 

 

『 遠州横須賀街道ちっちゃな文化展 』が今年も開催されます。

ナント第20回目ということで、誠におめでとうございます。

今では全国から足を運んで来る方が多くなるほど大人気のイベントになり、

旧城下町の街道に人があふれる光景は本当に感激します。

天峰で住宅を建てたお客さんでもある山口さんも常連で今年も作品を展示しますよ。

お時間ある方は、いやいや、お時間を作ってぜひ遠州横須賀へ足を運んでみてください。

芸術・美術やアートを見て、城下町の風景を見てのんびり過ごしてください。

とても充実した1日を過ごせることと思いますよ♪

 

平松

 

 

 

 

◆ 鏨(たがね)でミニ板錺(いたかざり)製作体験

2018-09-17

先週末、行ってきました。

静岡浅間神社で開催された錺金具ワークショップ!

ミニ板錺製作は、選定技術保持者の鈴木氏が講師で

最初の説明から面白おかしく、賑やかな会となりました。

練習の時間があり、『 ななこ打ち 』を初体験。

でしたが、想像以上にうまくいかず…

本番の板錺へななこ打ち。

みんな集中し、会話無し(笑)

たがねを打つコンコンコンという音だけが会場に響き続け。

八代目の鈴木氏は各テーブルを回って指導。

九代目の鈴木氏も、お手本を見せてくれながら指導。

手さばきに感激!!

私は、何とか時間内に完成。

ですが、やはり綺麗にはいかず…。

貴重な体験ができ、あらためて錺金具職人さんの凄さが感じられました。

皆さん本当に集中して取り組んでおられました。

お疲れ様でした。

平松

 

 

 

 

 

◆ トイレの木製表示板

2018-09-14

浜松市のS寺様で、木製のトイレ表示板を取り付けました。

ご住職の提案で、トイレを使う檀家さんのことを考えた上での相談をいただきました。

今まではトイレのドアに東司の文字だけだったのですが、

扉の前まで行かないと分からないんですよね。

廊下側に突き出る形ですと分かりやすいですね。

既製品では、アルミやプラスチック系のものはあるのですが

木造に合うものを杉で製作しました。

お寺など和風建築に合いますし、材種や取り付け場所や大きさなども自由に製作できますヨ。

是非ご相談ください。

平松