新着・今後の活動・心ゆたかに

bar

◆ 手水舎の修理工事着工

2019-07-31

 

周智郡森町の天宮神社様手水舎修理工事が始まりました。

以前より修理相談をいただいておりましたが、なかなか都合が合わずでしたが、

屋根瓦の傷みが進行しすぎたことと、柱の沈み込みが大きく、

傾きが心配なことでいよいよ着工となりました。

まずは瓦を降ろし、屋根を軽くしたうえで足回りの修理を行います。

各所に無理が掛かり、疲労が大きくかかっていた部分はキッチリ修繕していき、

沈んだ柱の根継ぎも強度を持たせたうえでキッチリ継いでいきます。

工事期間中ご迷惑をおかけしますがどうぞよろしくお願いたします。

澤元

 

 

 

◆ 天峰バーベキュー賑やかに開催

2019-07-30

先週末の27日㈯は、毎年恒例天峰バーベキューを開催しました。

熱帯低気圧から変わった台風6号が通過するかもとのことで天気が心配でしたし、

お客さんからのもしもの対応のために数人はアルコール抜きで控えておりましたが、

雨どころか風もない暑い1日でした。

何だかんだで業者さんや職人さんたちも参加してくれまして

子供含めて大人数で賑やかに開催できました(^^)/

写真を撮り忘れ、みんなが帰っても飲み続けた一部の酒好きの方々のピンボケ写真が唯一の画像(笑)

今年は遅い梅雨明けでしたがこれから夏本番!!

熱中症対策しながら夏を乗り切りたいと思います。

平松

 

 

 

◆ 屋根工事を瓦屋さんにバトンタッチ

2019-07-29

静岡市の瑞龍寺様隠寮屋根替え耐震工事では

大工工事による屋根下地が完了し、

瓦屋さんにバトンタッチしました。

今回は土を使わない桟瓦葺きですので土葺きだった今までに比べれば相当軽くなります。

地震にはかなり有効になりますし、

さらに今回は限界耐力計算による設計をし、

制震ダンパーの設置も行いますので今後予想される東海地震対策はバッチリです。

最近も関東などで地震が頻発していますので少し心配ですね。

平松

 

 

 

◆ 新築2階窓からの絶景

2019-07-26

静岡市のR寺様庫裡新築工事では、大工工事が順調に進んでおり、

2Fの窓からは鐘楼堂の屋根や、その向こうに新緑の山々が望むことができ、

景観を愉しみ癒されることができます。

電気屋さん、水道屋さんなど各業者さんも段取り良く施工し始めてくれており、

木村棟梁の段取りの良さが発揮されています!

完成まではまだまだありますが、最後までキッチリ工事していきます。

平松

 

 

 

◆ 金澤翔子書展が今年も秋に開催

2019-07-25

 

告知

今年も浜松市の龍雲寺様では『 金澤翔子書展 』が開催されます。

ダウン症の書家として日本だけでなく世界的にも注目されている彼女の作品が新作含め50作品も見れるのは本当に貴重な機会です。

入場・拝観料は無料での開催ですが、お気持ちを賽銭箱に入れ感謝をお寺さんに伝えましょうね。

11月2日~10日までの期間で開催され、本人も席上揮毫などに訪れますよ。

毎年、1万人以上が来場する人気展覧会ですし、作品も毎年変わるので何度行っても満足していただけると思います。

詳しい情報や最新の情報は龍雲寺様のホームページで確認してくださいね。

https://www.ryouun.com/syoko.html

平松

 

 

 

◆ 磐田西小学校で宮大工マイスター講座

2019-07-24

先日、磐田市立磐田西小学校へ技能マイスター出張講座に行ってきました。

生徒人数が多いため、鉋削り体験に時間がかかってしまうため

社長の手伝いとして私もついていきました。

宮大工がどんな仕事をしているか。

どんな心意気で仕事に向かっているか。

宮大工の魅力や遣り甲斐、

今まで工事してきた現場写真や作業工程など

プロジェクターで画像アップしながら説明し、

こんな魅力ある職業もあるんだということを十分理解してもらったと思います。

そのあと後半では、生徒一人一人全員に鉋削りを体験してもらいました。

うす~く削れる木のクズに驚き、削った後の木の表面を触りツルツルの肌に感動していました。

天峰で4年前に府八幡宮の楼門全解体修理を行った様子を覚えている子たちもたくさんいて

さすが地元だな。とうれしくなりました。

これからもどんどん情報発信と大工の魅力を広めていきたいですね。

平松

 

 

 

 

 

◆ 普門寺様で書院庫裡新築の上棟式

2019-07-23

7月21日㈰は、浜松市の普門寺様で書院庫裡新築工事の上棟式が行われました。

20、21日の2日間でレッカーによる建て方作業を行いましたが、

天もなく順調に工事は進みホッとしました。

餠撒きをするということで、上棟式前より檀家さんや近隣の方が大勢集まり式典を皆さんで見守りました。

ご住職による法要が執り行われ、順番にご焼香をして手を合わせお祝いした後、

待ちに待った餠拾いをして、皆さん笑顔で帰っていく姿が印象的でした。

まだ梅雨明け宣言が出ませんが、天気を見ながら段取り良く進めていくよう頑張ります。

澤元

 

 

 

◆ 浜松龍雲寺さんを参拝・拝観を是非!

2019-07-19

浜松市の龍雲寺様では、本堂から涅槃堂に繋がる廊下の一部が

「 地獄極楽図 」の展覧部分になっています。

この暑くなる時期には、薄暗い中での地獄図は背筋がゾッとする絵もありクールダウンするにはもってこいですよ!

畳廊下の壁や天井は真っ黒。

その中にスポットライトで浮かび上がった廊下を

ゆっくりと絵画鑑賞しながら解説を読んでください。

是非、お子さんやお孫さんを連れて説明してあげると、

恐ろしいだけではない、人生の教訓が詰め込まれていてとても勉強になります(^^)/

その先には、ダウン症の書家 金澤翔子さんの 「 世界一大きい般若心経 」の墨書で心癒されること間違いなしです!

平松

 

 

 

◆ 幟旗と社旗の製作

2019-07-19

磐田市の十九社神社様では、ご依頼いただいておりました幟旗が完成し納品させていただきました。

幟垂れが8メートルほどある大きな幟で黒の染め抜きにて製作、

文字体も打ち合わせにより今回のものに決定しました。

拝殿内に掲げる社旗も、旧いものは色も抜けて劣化しておりましたが、

同仕様にて新規作成させていただきました。

総代さん方も大変喜んでくださりありがとうございました。

天峰は、建物の建築だけでなくいろいろなことに頼りにされる会社を目指しております。

平松

 

 

 

 

◆ 楼門大扉の調整期間につきご迷惑おかけします

2019-07-18

静岡浅間神社の楼門保存修理工事では7月16日から7月28日の工程で

楼門を通行止めさせていただいております。

参詣者様方には大変ご不便をかけておりまして申し訳ありません。

大扉の仮取り付け~調整を行うためであり、

安全を優先させていただき、作業期間中は通行止めの措置を取っております。

 

左右へ迂回していただくと回廊より参詣できますのでよろしくお願いいたします。

また、工事中は内部バリケードを一部撤去しての作業ですので

作業中の楼門下層を見ることができます。

 

秋には漆塗りが進み、ケヤキの杢目を見ることはできなくなりますので

木造である楼門の生地を見ることができるのはこの期間のみです。

漆が仕上がると朱色の楼門に戻ってしまうので、

気になる方は是非静岡浅間神社へどうぞ。

通行止めの期間中ご協力よろしくお願いいたします。

平松