新着・今後の活動・心ゆたかに

bar

◆ 鬼瓦が鎮座しました

2017-08-11

豊橋市の聖眼寺様では、本堂鬼瓦の施工が終わり、

引き続き大棟の瓦葺きです。

今回は『 甍(いらか)』という装飾瓦が入るため、

まずは丁寧に甍瓦の施工を進めています。

葵の紋が並んでいるので圧巻ですよ!

屋根が大きく、施工には時間が掛かりますが

ユックリでも丁寧に施工していくようにします。

大棟に使う熨斗瓦(のしかわら)だけでも相当量です!!

天気をみながら段取り良く進めていくようにします。

平松

 

 

 

◆ 須弥壇新規製作完了

2017-08-09

 

 

浜松市の竹林寺様では、本堂内陣に須弥壇の設置が完了しました。

天峰の在庫から、よく乾燥した極上ケヤキを選り出し、

大工の手で丁寧に製作した須弥壇に漆が美しく塗られました。

傷などつかないように気を付けながら組上げを行いました。

下の写真は、同時に製作した雛壇です。

 

 

良質のケヤキ材を使用し、細かく綺麗な仕事を必要とする須弥壇は、

天峰にとっては大得意分野なのです!

竹林寺様、ありがとうございました。

平松

 

 

 

◆ 『 諏訪蓮 』屋台の入魂式・お披露目

2017-08-07

8月6日(日)は、浜松市天竜区二俣の屋台『 諏訪蓮 』の入魂式・お披露目が行われました。

弊社にて、約2年をかけて全解体修理を行い、

今年春に組上げの大工工事は終了し、

装飾や、電気配線や照明、新規鉄車輪の設置などを行ってきました。

大正時代から大切にされてきた屋台であり、

地域の皆さんから愛されてきた屋台の全解体修理工事に携わることができ感謝いたします。

この度は入魂式・お披露目、心よりお祝い申し上げます。

今日、8月7日付の静岡新聞朝刊に掲載されました。↓↓↓

平松

 

 

 

 

 

◆ 基礎工事着工

2017-08-05

清延彫刻さんの工房新築の基礎工事が始まりました。

地盤補強として、検討の結果、鋼管杭を施工し、

強固な基礎を作っていきます。

監督・澤元

 

 

 

 

◆ 屋台の輪っぱ製作中

2017-08-04

 

福田中島の屋台の輪っぱを新規製作中で、

役員の方々に確認・点検していただきました。

今までの輪っぱは老朽化などで傷みがひどく、

修理だけでは危険と判断、新規製作の方向になりました。

天峰在庫の中から輪っぱに適した材を選出し、

丁寧に加工して造っていますよ。

秋の祭典には、丈夫な輪っぱで思い切り曳き回しができますよ!!

平松

 

 

 

◆ 須弥壇を現場組立

2017-08-03

浜松市の竹林寺様では、漆仕上げからあがってきた須弥壇の組立設置を行っています。

漆が綺麗に仕上がっているので、慎重な作業を要します。

漆が塗りたてなので、肌が弱い私は搬入時に当たった内肘あたりがかぶれてしまいました。

組み上がった様子は、後日アップします。

素晴らしい仕上がりにご住職も大変喜んでくださっています。

監督・澤元

 

 

 

◆ 龍雲寺様で般若心経拝観開始

2017-08-02

昨日は、浜松市の龍雲寺様で『 涅槃堂 』の一般拝観開始に合わせ、

オープニングセレモニーとして、

書家 金澤翔子さんが奉納した般若心経の前で、

般若心経読経や御詠歌、

副住職による講話が行われました。

拝観で居合わせた一般のお客さんも揃って手を合わせ、

御焼香をして、降りそそぐほどの般若心経の墨書を心と体で感じていました(^^)/

Yahoo!ニュースでもアップされていますのでご覧ください↓↓↓

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170801-00000032-minkei-l22

平松

 

 

 

◆ 龍雲寺様『 涅槃堂 』完成

2017-07-29

浜松市の龍雲寺様では、大庫裡再建工事(建物名称:涅槃堂)が外構工事・造園工事も完了し、

8月1日から始まる『 金澤翔子 世界一大きい般若心経 』一般拝観の準備が整いました。

 

 

地獄極楽図の展示もいい感じに仕上がりまして、

ぜひユックリ鑑賞していただきたいポイントです(^^)/

施餓鬼会で使う 組み立て式施餓鬼棚も完成しまして、

準備万端ですよ!!

ご住職や檀家さんもとても喜んでくださっており、

天峰一同、心より感謝いたします。

これからも、メンテナンス含め末長くよろしくお願いいたします。

平松

 

 

 

 

 

 

◆ 三島市で屋根下地工事

2017-07-28

約3週間、三島市での住み込み仕事です。

某クラブハウスの屋根下地工事ですが、

木村・山田・武田・葛城の社員4人でバリバリ仕事していますよ!!

特殊形状の屋根なので、下地から制作にあたってはやはり得意分野の天峰でしょう!!

下地である相手がRCのため、アンカーボルトやコンクリートビスを使用して、

ガッチリ固定していきます!

水に強いヒバ材を使って長持ちする銅板下地を造っていきますよ。

仕事後の夜は、三島市内に出歩いているみたいなので、

三島市に詳しくなって帰ってくるんでしょうね(笑)

平松

 

 

 

◆ 丹生神社様、工事の様子

2017-07-27

丹生神社様の改修工事は、予定通り順調に進んでおり、

今週末には足場を解体できます。

神社の木を使った向拝柱は取替えもスムーズに綺麗に納まりました。

雨漏りで腐った裏甲などの木部は、同型製作したものがうまく納まり、

文化財修理で培った技術を発揮しながらキッチリ修理できました。

瓦は、ほとんどが再使用での修理ですが、

雨漏りしないよう施工方法を改良しながら注意して工事しました。

平松

 

 

 

 

 

Error. Page cannot be displayed. Please contact your service provider for more details. (20)