新着・今後の活動・心ゆたかに

bar

◆ K様邸新築の建て方と上棟式

2019-08-23

袋井市のK様邸では、住宅新築工事の建て方を行いました。

2日間にわたっての作業でしたが、雨もなく順調に工事が進み、

上棟式と餠撒きを行うことができました。

 

快晴でしたが、その分暑い2日間でした。

桧丸太を組み、丈夫な骨格が出来上がりました。

間取りや設備など、新築プランはじっくり時間をかけて決めました。

これから完成に向けてキッチリ工事していきたいと思います。

天峰の住宅は、丈夫で安全な骨格はもちろん、

K様邸のように天井丸太梁をあらわしにした豪快な造りも得意ですし

無垢をふんだんに使い子育て世代にも安心な建物を提案し、

心を込めて造らせていただきます。

監督澤元

 

 

 

◆ 静岡浅間神社で北回廊が工事着工

2019-08-22

 

静岡浅間神社では、重要文化財である北回廊保存修理工事も天峰が元請けでの施工となり、

19日から着工いたしました。

まずは回廊内部の畳引き揚げを行いました。

 

工事期間の中で表替えを行い、完了前に敷き込む工程です。

工事は順次足場組み~素屋根組み立てと進んでいき、

9月末から10月上旬にかけては北回廊の西半分がスッポリ覆われてしまいます。

令和5年までの長期に渡る工事ですが、いま工事中の楼門保存修理工事と合わせてキッチリ丁寧に施工していくよう頑張ります!

平松

 

 

 

◆ 天井画着工式の様子が新聞に掲載

2019-08-21

静岡新聞の中部圏欄に着工式の様子が掲載されました。

今工事させていただいている静岡市の瑞龍寺様では

再来年である令和3年秋に龍の天井画を貼り込む計画で、

その画を描く着工式の様子です。

今回天井画用に特別な和紙(雲肌麻紙)を仕入れ、

5.2メートル×4.5メートルにどんな龍の墨画が描かれるのか本当に楽しみです♪

平松

 

 

 

 

◆ 聖眼寺様でご遷座法要・解体法要

2019-08-20

豊橋市の聖眼寺様では、太子堂新築工事に伴う

ご本尊遷座法要・解体法要が執り行われました。

残暑厳しい日でしたが、私たちも半纏を着た正装にて太子堂前に並びました。

これから現場にて工事が着工していきます。

安全に注意して工事完了まで進めるようにいたします。

工事期間中は、車両が参道を通行しますので、

ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

平松

 

 

 

 

 

 

◆ 京すだれを大広間に設置

2019-08-19

浜松市のT寺様では、書院大広間を仕切る部分に京すだれを設置しました。

この猛暑の夏には見た目の涼しさも効果大です(^^)/

ご住職も大変喜んでくださり、本当に良かったです。

 

 

色や柄、竹桟のデザインも含めセンス良く仕上がりました。

透かしで見えるだけで上等の間に見えるだけでなく、

涼しげに見えるのもこの時期はうれしいですね。

建物だけでなく、お寺のいろいろなことに対応しますので

なんでもお気軽に相談してください。

平松

 

 

 

◆ 瑞龍寺様で天井画着工式

2019-08-16

静岡市の瑞龍寺様では本堂内陣への天井画プロジェクトがスタートしました。

現在、多摩美術大学の教授であり日本画の巨匠とも呼ばれる八木幾朗先生とお寺のご縁で、

歴史ある瑞龍寺様本堂の内陣へ天井画を入れる。そしてその工法をどうするのかということを

何度も何度も協議しいよいよ着工式と相成りました。

内陣天井は4.5メートル×5.2メートルなのでその大きさが入る倉庫を準備するところから始まり、

天峰で床を作り、表具屋さんで麻紙(まし)という最高級和紙をつなぎ合わせ、

畳一畳分の麻紙15枚で一枚の大きな和紙が出来上がりました。

 

 

 

 

着工式当日には、八木先生はもちろん、ご住職をはじめ総代さんや檀家さんが現地を訪れ、

皆さんお揃いの中で着工式が行われました。

この、広い天井画専用アトリエでは約2年間じっくりと龍を描いていきます。

そして2年後には天峰で内陣天井の改修工事を行い、

完成した龍を貼り込む工事と下地作りを行います。

着工式後には、実りと子孫繁栄の象徴である「ぶどう」を水墨画でサラサラっと表現し、

瑞龍寺様とすべての皆様の平和と益々の発展、子孫繁栄を祈念されました。

世界に認められる巨匠の凄さを目の前で見せていただきました。

 

平松

 

 

 

◆ 夏季休暇のお知らせ

2019-08-09

夏季休暇のお知らせ

誠に勝手ながら夏季休暇のため下記のとおり休業させていただきます。

何卒、ご了承くださいますようよろしくお願いいたします。

8月11日(日)~8月15日(木)

※8月16日より通常通り営業いたします。

なお、緊急連絡先としましては、いつも通り平松携帯までご連絡ください。

平松携帯 090-4861-8362

 

 

 

 

◆ 神田寺様で六角堂上棟式

2019-08-08

 

 

神奈川県平塚市の神田寺様では六角堂の上棟式が執り行われました。

気温の高く夏らしい天気の中、総代さんや檀家さんも集まり

ご住職による法要が行われました。

現場での建て方作業を段取り良く進められるよう

先月作業場にて仮組みを行っており、

建て方作業中の天気も味方してくれまして順調に作業が進みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引き続き大工は内部の造作工事を進め、

屋根は銅板葺き工事に移っていきます。

暑い日が続きますが、体調管理しながら熱中症に気を付けて作業していきたいと思います。

澤元

 

 

◆ 令和元年平和祈念式典

2019-08-07

昨日8月6日は広島に原爆が投下されてから74年の『 原爆の日 』を迎えました。

広島の平和記念公園では慰霊式と平和祈念式が行われ、

そして長崎では8月9日に平和祈念式典が営まれます。

悲惨な戦争体験を後世に伝える施設や名所などが全国各地にありますが、

私としては原爆資料館と知覧特攻平和館が心に深く残り、

戦争の恐ろしさを感じたのを思い出します。

国対国のいがみ合いが世界中で起きている現状も悲しいことだと感じます。

地球上すべてが平和になることを祈念します。

平松

 

 

 

 

◆ 保存修理工事で彩色が甦っています

2019-08-06

静岡浅間神社楼門保存修理工事中の彩色工事において

立川流欄間彫刻を奇麗にお化粧直ししています。

過去の保存修理報告に沿って、補彩・補筆や塗り直しを行っており、

少しずつ仕上がってきました。

虎の縞模様や波の荒々しさも奇麗に再現され、力強さが表現されています。

時間をかけて、じっくりしっかり修復作業を進めており、

楼門の保存修理完了となる来年11月には美しい姿で引き渡しできるよう

天峰一丸となって集中して工事を進めていきます。

メディアも注目の文化財工事なのでさらに気を引き締めて頑張ります。

平松