1. HOME
  2. ブログ
  3. 鐘楼の袴腰組み立て作業

鐘楼の袴腰組み立て作業

浜松市の指定文化財である瑞雲院様鐘楼は

松煙にて黒く塗られた杉板を袴腰に取り付けています。

もともと取り付いていた烏枢沙摩明王のお厨子も復旧し

元の姿まであと少しです。

骨である縦桟が扇状に広がっており、

仕事的には大変ですがこうして袴に取り付くととても奇麗で自然ですね。

加藤棟梁は毎日集中して作業してくれています。

平松

 

 

 

最近の投稿