1. HOME
  2. ブログ
  3. 曲がり丸太と損傷部の修理方針

曲がり丸太と損傷部の修理方針

国分寺様薬師堂の全解体修理は作業場へ運び込んだ材木の詳細調査と新規に刻みが必要な部材の墨付けを進めています。

調査を進めると想像以上に傷みがあり、埋木や接ぎ木などの繕いが多く必要となります。

修理完成後の数百年を見据えて、佐野棟梁がひとつひとつ確認しながら進めてくれています。

 

監督澤元

 

最近の投稿