1. HOME
  2. ブログ
  3. 古(いにしえ)の大工との対話

古(いにしえ)の大工との対話

秋葉山本宮秋葉神社では、神門の保存修理が進んでおり、

格天井板を外しています。

もちろん番付け札を打ち、組立後には復旧できるようキッチリ控えながらの作業です。

約200年前の建立から、初めての全解体修理になるため、釘も錆びてなかなか苦戦しています。

昔の大工さんの想いの詰まった仕事に感心しながら作業できるので幸せです。

平松

 

 

最近の投稿