松の板

畳をめくった薬師堂の露路(広縁)の下にかくれていたのは、

幅広の『 松 』の無垢板!!

少しだけシラタに虫食いの跡がありますが、

充分 値打ちのある立派な板です。

新築当時のものと思われますね~。

約180年以上前の材です。


こんな立派な板、見せとかなきゃ損でしょ?!

ってことで、板の間でいく(原型に戻す?!)ことになりました。

だいぶ汚れていたので、美装やさん登場!!

シミやヨゴレ、ロウなどを剥離し、

木目が良く際立つようワックス仕上げでいきます。

幅広の無垢板は、もちろん貴重ですが

近年では、松の赤身の幅広板はかなり貴重です!!

良い材を使うと、長持ちする実例ですね(^o^)

平松

 

最近の投稿