1. HOME
  2. ブログ
  3. 旧須弥壇の解体

旧須弥壇の解体

須弥壇の解体が始まりました。良く調べると、既存の須弥壇は他寺院から持ってきたものかもしれません。

来迎柱部分の取り合いが合っていないうえに、

各部分で今の本堂とは形状が合わない部分があり、

大切に再利用していたものだということがわかりました。

貴重な材木であり、高価な仏具ですので大切に再利用していたのでしょうね。

すでに虫食いだらけでボソボソの部分もあり、

傷みはかなり進行していましたので、役目を全うした須弥壇です。

ペンキで塗られてしまっていた柱などは、剥離し元の状態に戻します。

来週からは、漆が仕上がった新造須弥壇を組み立てていきます。

平松

最近の投稿