1. HOME
  2. ブログ
  3. 木の気になる話⑨

木の気になる話⑨

水分を自動調節する木の家ってスゴイ!!

湿気の多いところでは空気中の水分を吸収し、

乾燥しているところでは水分を放出。

つまり、湿気を『 自動調節 』するのです。

これも木の特質のひとつで

他の素材では絶対に真似できない機能です。

多湿の日本に なぜ木造住宅が発達したのかがよくわかります。

その性質は 試験データにもハッキリと現れています。

木箱の中に 何回かに分けて湿気を送りこむと

つねに湿気を一定に保とうとする機能が働くのです。

天峰では、極力 天然素材やムク材の使用を推奨していますが、

近年の高気密や高断熱の住宅などは呼吸できない建物も多く、

湿気や結露、熱気やカビに悩まされている意見も耳にします。

住宅の住まい方にもよると思いますが、

よく吟味して、理解・納得したうえで建設に進むことをお勧めします。

平松

 

最近の投稿