1. HOME
  2. ブログ
  3. 鬼瓦と大棟瓦の検討

鬼瓦と大棟瓦の検討

IMGP3859

正光寺様本堂屋根の鬼瓦の打ち合わせを行いました。

先日、ご住職と瓦やで鬼瓦の打ち合わせをした際に

鬼面の大きさを含めた大棟のノシ瓦の段数などについて

持ち越し課題となっていましたら

ダンボールで模型を作ってきてくれました。

印刷なので、顔は平面になってしまいますが

大きさは分かりますね(^o^)

それを何度も棟に付けたり交換したりしながら、

悩む…悩む…悩む…

IMGP3837

社長も到着し、ご住職、瓦や、私で、

山門から見たイメージで検討。

IMGP3813

足場に上がり近くから…。

IMGP3856

さらに遠目から…。

 

IMGP3832

そしてそして、悩みに悩んだ結果、決定しました!!

どんな高さ・大きさになったかは完成後のお楽しみ ♪ で。

着々と工事が進んでいます。

梅雨入り後も雨が少なくてとても助かりました。

大工は本堂内部工事へ移っていきます。

平松

 

最近の投稿